フォトアルバム

お気に入りブログ

Powered by Six Apart

« ファンレス グラボ(GV-NX66T256DE) | メイン | うん! は 阿吽 の 吽 »

2006年2月 7日 (火)

Linux 〜「Goobuntu」に「TouboLinux」〜

■Linux「Goobuntu」
-Windowsの代替OSとして無料で一般配布する可能性-

グーグル、今度はOS販売のうわさ
「GoogleがGoobuntuをWindowsの代替OSとして無料で一般配布する可能性はある」

「Debian」から派生した「Ubuntu」をGoogleがカスタマイズしたものらしい。
私も自宅サーバーやデスクトップ用にと幾つかのLinuxを使っている。

「Debian」も現在使っている。何といってもフリー(無償)。この言葉には、かなり弱い。(^^;
「Red Hat Enterprise Linux」が有償になったと同時に、「Debian」に完全に移行してしまった。
それだけに、「Goobuntu」には興味がある。「Windowsの代替OSとして無料で一般配布する可能性」ロ(^_^ ) フムフム

■「Turbolinux」
そんな中、サーバーには唯一有償の「Turbolinux 8 Server」を使っている。
もともと、「Red Hat」で組んでいたのだが、サーバーマシンを入替える時に、たまたま家人が買ったまま使っていなかった「Turbolinux」があったので、・・・ただそれだけで始まった「Turbolinux」との付合いなんだけど、・・・、

先日(1月27日)、ターボリナックスジャパン株式会社よりメールが来た。
「一連の報道につきまして、当社の状況のご説明」なる件名のメールだった。
メールでは次のように締め括られていた。
『 弊社は、ユーザーの皆様方のご期待に添えるよう、より良い製品とサービスのご提供に努めてまいる所存でございます。
 今後とも、私共ターボリナックス株式会社ならびに弊社製品をご愛顧いただきますよう宜しくお願い申し上げます。』


以前こんな記事があった。「ライブドア、ターボリナックスを買収してどうするの?」

私も、ターボリナックスがライブドアの傘下に入ったときの方が心配だった。
ターボリナックスジャパン株式会社の事が気になったのではない。
「Turbolinux」という製品の事が気にかかったのだ。

「Turbolinux」ユーザーである私は、ターボリナックスジャパン社のIRページの
「当社の親会社である株式会社ライブドアに関する一連の報道について」
だけでは、どうにも納得がいかなかった。
それだけに、今回届いたメールを見て、ちょっと「ほっ」とした気分だ。「Turbolinux」という製品がどういう形態にしろ存続してもらいと思っている。

ところで、「Turbolinux」もそうだったが、今回のライブドアの一連の騒動で、PC・ネットユーザーには小さいながらも影響があるのかな?

・ライブドア会社概要

・【更新】Eudora 7J for Windows 発売延期のお知らせ

・弥生株式会社

・PRO-G(プロジー)

・「ライブドア、P2P電話ソフト「Skype」との独占的パートナーシップを締結 」

------------------------------------

■ライブドアの“虚”について・・・報道で思うこと。
~“企業の理念”などを討論していたTV番組についての感想~

虚業とは英語で「risky business」とするようだ。
私は、ライブドアの“虚”は、虚数「imaginary number」の『imaginary』の方が
感覚的に近いように思う。昨今よく使われる「イメージ」である。
“イメージ作り”、“イメージ戦略”、“企業イメージ”・・・、
否定するもしないも、今の世の中、身のまわりに“イメージ”が氾濫してる。
そして、この“イメージ”産業株式会社を作り出したのは、広告業界、TV、新聞などのマスコミだと思う。
勿論、今回のライブドアの「粉飾決算」などはもってのほか、きっちりお裁きをしていただきたい。
ライブドアを擁護などするつもりもないし、堀江さんの行動も元々私には受け入れ難いものだった。

TVの討論番組などに出ている人も、会場のモニタに自分が映し出されている事を確認すると、咄嗟に笑顔を作り、訳もなく頷いてみせたりする。
そして「“虚業”だ!」と騒ぎたてている“経済アナリスト、学者先生、証券会社社員・・・”
それら“見識者”の言を後ろ盾にスピーカー役のマスコミ機関。そしてあなたたちこそ“イメージ”に最も敏感で最も左右されている人達だと思う。
「虚業が虚業と、物申す」状態だったと思う。

どこか、『何処までが“演出”で、何処からが“やらせ”』って話に似ていないだろうか。

などと、ふと思ってしまったライブドア騒動だった。


それにしても、今の状況をみると堀江さん、匿まわれているような気が・・・。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/347793/13399545

Linux 〜「Goobuntu」に「TouboLinux」〜を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿