フォトアルバム

お気に入りブログ

Powered by Six Apart

« 大きめ歩幅 三歩分の 残り香 | メイン | このケースで組んでみた。(PCケース-TACENS「SAGITTA」) »

2006年6月22日 (木)

2006FIFAワールドカップ(その1)

私はテニスをする。私の場合、悩み事があったり、精神的に爆発しそうな時、独りでコートを借りて、あるポイントを狙って壁打ちしたり、ありったけのボールでセンター、クロスに狙ってサーブを打ったり、ボールを集めたりしながら、頭の中を整理していく。身体を動かしながら、汗をかきながら、整理していくと不思議と“やるべきこと”がはっきりしてくる事がある。
上手く言えないけど、“無駄な邪念”がなくなるって感じかなー。

ジーコジャパン、私のテニスとは全然レベルが違うので、、、なんだが、


こんな記事を目にした。
「用意シュートー!? GK以外の選手で504本 」
−呆れる声にも“神様”満足「成果あった」 −

[ZAKZAK]
この記事、何が言いたいのか私にはイマイチわからない記事だ。
----------
・・・
ドイツ協会の育成スタッフが視察に訪れたが、練習を見て、「中学生のサッカークラブがやるトレーニングだ」とばっさり。さっさと引き揚げてしまったほど。
・・・
----------

別にええやん、誰が何を言おうと。
この記者もシュート練習に文句があるのかなぁ?
シュート練習だけじゃ記事が書けないから?

私は“神様”が「無駄な邪念は捨てろ」って言っているんじゃなかたのかなぁ?と思う。
体を動かし、汗を流しながら、ひとりひとりが“やるべき事を整理しなさい”って事だと思う。
私なら、このタイミングで、何とも有難い練習だと受取るのだけど。

我らがジーコ・ジャパン! もう、照れ笑いも、作り笑いも、悔しい姿も見たくない。
得失点差、総得点を考えると、2点差の勝利じゃダメだよ。3点差以上の勝利だ!
ブラジル戦、この3点差以上で勝つ事を念頭に置き、後は90分間、無心でボールを追ってくれればいいと私は思う。

この言葉は、使ったらダメなのかなぁーって思って、使わなかったけど、
ワールドカップって、私は世界中のスーパープレーヤーが、故郷の幼馴染と共に、ただの「サッカー馬鹿の餓鬼」に戻りプレーする大会だと思ってる。そんな中で、日本の「サッカー馬鹿」代表が、思いっきり馬鹿になりきっているところを観たい。
ブラジル戦、馬鹿になってください。
日本のサッカー馬鹿の餓鬼の姿を世界のサッカー馬鹿に見せてやってください。
私は、清々しい馬鹿が無性に観たい。

今夜は、どうやら寝られそうにないなぁー。

チェコ−イタリア戦を観ながら、Vistaでも弄繰り回して時間を繋ごう、戦いが終わる朝まで。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/347793/13399705

2006FIFAワールドカップ(その1)を参照しているブログ:

» クラブ ワールドカップサイト (クラブ ワールドカップ情報館)
クラブ ワールドカップのリンク集形式のサイト情報です。の情報収集にお役立てください。 [続きを読む]

コメント

コメントを投稿