フォトアルバム

お気に入りブログ

Powered by Six Apart

« このケースで組んでみた。(サイズ SCY-628) | メイン | このケースで組んでみた。(トレンドワークス AURORA) »

2007年6月29日 (金)

MSI P35 PlatinumにCPUクーラー(風神匠・V1)を試してみた。

今年の夏は暑くなるらしい。
いや、もうすでに暑いぞー!
そんな中、夏に備え、MSIの 「P35 Platinum」に搭載できるCPUクーラーがないなかぁー?
と思い、ちょっと試してみた。
「P35 Platinum」の“売り”は何と言っても派手派手に施されたCIRCU-PIPE (サーキュ・パイプ)だ。
大型のCPUクーラーの事を考えると・・・、

まぁ、物は試しと今回試したのは手元にあったこの2つのCPUクーラー。
COOLER MASTERの 風神匠(RR-CCH-ANU1-GP)


Thermaltakeの V1(CL-P0401)
どちらのクーラーとも呆気ないほど取付け金具、本体とも干渉もなくスッポリと取付けられた。

そこで、バラックな環境でのテストだが簡単な冷却性能の比較をする事にした。
負荷は、少々軽めだ。
SUPER_PI(1677万桁)を2個+動画再生+音楽再生。
また、CPUクーラーファンそれぞれ異なるため(ノイズ的に)各ファンの回転数は私感での”静音”を前提に設定した。
※別途試した「Tripcode Explorer」「Intel Thermal Analysis Tool」での
負荷時よりも勿論CPUの温度は低くなっています。
#また実際にケースに組み込んだ場合、(ケースにもよりますが)それぞれの温度とも今回の条件よりも高くなると思います。

■テスト環境バラックケース(DC-ACPCD/R)
・[マザーボード]「P35 Platinum」
・[CPU]: Core 2 Duo E6600
・[メモリ]:DDRII PC6400(DDR800) 512MB×2 計1GB 
・[HDD]:Western Digital WD3200AAKS SATAII300 320G
・[電源]:Scythe GOURIKI-550A
・[DVD]:ソニーNECオプティアーク AD-7170A
・[グラボ]:MSIの NX7600GS-T2D256EH

※風神匠にはサイズの「DFS122512L-PWM-LED」
(4ピンPWMコントロール対応、回転数:310(±200)~1200rpm±10%)を使った。
検出温度の確認には、下記のソフトで確認した。
・マザーボード付属のソフト「Dual Core Center」(ver.2.0.0.8)
「Core Temp」(ver. 0.95)
「SpeedFan」(ver. 4.32)
「EVEREST Ultimate Edition 2007 4.00」(build 0989)
※室温:約28.5~29.5℃ 無風
----------------
■まずは参考値として、リテールクーラーでの測定値
[アイドル時]
※ファン回転数:約1800rpm (静音です。)
・CPU --- 約36℃
・SYSTEM --- 約42℃
[高負荷時]
※ファン回転数:約2350rpm (まぁ、まだ静かだと思います。)
・CPU --- 約48℃
・SYSTEM --- 約43℃ 

■風神匠(RR-CCH-ANU1-GP)■

◆ファン1個の場合(CPU真上)
ファンの取付けフレームに長穴があり、クーラー本体との取付け位置は調節できる。
ファン「DFS122512L-PWM-LED」が静だったので1200rpmにしました。

[アイドル時]
・CPU --- 約33℃
・SYSTEM --- 約41℃

[高負荷時]
・CPU --- 約42℃
・SYSTEM --- 約43℃


◆ファン2個の場合
ファンを2個にしても「DFS122512L-PWM-LED」が静だったのでこの場合も回転数は1200rpmにしました。
ファンを自動制御すると怖いぐらい回転数が落ちます。
風神匠(RR-CCH-ANU1-GP)の場合、ファンを2個搭載するとファン1個の場合とCPUの温度はほとんど変わりませんでしたが、“SYSTEM”表示の温度が5℃ほど下がりました。

[アイドル時]
・CPU --- 約33℃
・SYSTEM --- 約36℃ 

[高負荷時]
・CPU --- 約42℃
・SYSTEM --- 約36℃ 

■V1(CL-P0401)■
◆ファン回転数1500rpmの場合
V1(CL-P0401)は、ファンを全開にすると結構ファンの音が気になります。 決して嫌な音ではなく低音の風切音です。
1500rpmぐらいまでは静かですが、それを超えると急に音が大きくなります。と言う事でファン回転数1500rpmにしました。

[アイドル時]
・CPU --- 約33℃
・SYSTEM --- 約39℃ 

[高負荷時]
・CPU --- 約41~42℃
・SYSTEM --- 約40℃


◆ファン回転数2000rpmの場合
ファンコン全開。2000rpmです。単純な110mmファンの風切音ですが少し気になります。ケース内に設置すればそれ程でもないのかなぁ?と言うレベルの”音”です。このクーラー、シェル型の独特のデザインとフィンに挟まれたファンの光る様は綺麗です。

[アイドル時]
・CPU --- 約31℃
・SYSTEM --- 約36~37℃ 

[高負荷時]
・CPU --- 約39~40℃
・SYSTEM --- 約36~37℃


----------------
風神匠・V1ともマザーボード自体には干渉問題もなく取り付ける事が可能です。
ただどちらのCPUクーラーともサイズが大きく、ケース内スペースや電源の取付け位置などの関係で搭載ができない場合があると思います。
今回もV1をRAIDMAXの「SPEEDY RX-9」に取り付け様と思ったのですが電源と干渉し取付けられませんでした。

と言う事で今回はRAIDMAXの「SPEEDY RX-9」に風神匠(ファン(DFS122512L-PWM-LED)を2個取り付けて)を搭載しました。
で、こんな感じになった。
強烈!光るファンしか見えない!
って・・・まぁ、いっか。
ケースに組み込むと、CPUファンでマザーボードの半分ぐらいが覆われるような感じです。
#「P35 Platinum」の“売り”のCIRCU-PIPE (サーキュ・パイプ)の
#“グルグル・ジェットコースター”も隠れてしまった。(苦笑)

それと、風神匠の効能か、今回搭載したファンレスのグラフィックスボード「MSI NX8600GTS-T2D256EZ-HD」の動作温度がリテールクーラーより3~4℃下がった。ゲーム中の負荷時の温度は5~6℃も下がった。アイドル時50℃前後、負荷時60℃台。
またゲーム中のケース内温度も31~33度(室温約29度)、風神匠がトップフローなので気にしていたのだが、ケースのエアーフローも問題なさそうだ。

V1(CL-P0401)も冷却性能に問題はなさそうだ。
ただ、サイズの大きさ(って言うかその形状)とファンを全開にした時の音がちょっと気になった。
#V1には3ピンコネクタにファンコンのツマミが付いているのですが
#このファンコンのケーブル長がなんとも中途半端なんです。
#どのように処理をしたものか・・・(?_?)

■最後になってしまったが、
MSIの 「P35 Platinum」について、
マザー自体はとても安定していると思います。
P965 Platinum までPCIブラケットで提供されていた
「LED ステータス インジケータ」がマザーボードに直接搭載された。またPCIスロットにもステータスチェックのLEDが搭載されている。結構電源を入れると派手に光る。
#って電源を入れなくても派手なマザーボードだけどね。(笑)

付属のドライバCDがVista用、XP用の2枚入っていました。
DualCoreCenterでのクロックアップなどの操作も P965Platinum より安定しているように思います。
これも試しにとICH9RのRAID機能を使ったのですが、RAID 0 で今のところ安定しています。
#ってまだ3週間ほどしか使ってないのですが・・・。
#それと付属のドライバCDについている
#「Realtek RLTL8111B 10/100/1000BASE-T」のドライバは
#アップデートしないと不安定なところがあるようです。
ところで、このマザーボードに施されているCIRCU-PIPE (サーキュ・パイプ)のメモリの所に配されたヒートシンク部に2箇所ネジの切った穴があるんですが、これは何がオプションでも取付けられるのかなぁ?
*******
余談になりますが・・・
今回と同じ構成で「U8-120-1600」を取付けてみた。
12cmファンがメモリ側のヒートシンクの上にちょうど乗っかるような感じになるんだけど、まぁ一応(どうにか)取付けられた。
うっっ、やっぱり良く冷える。
CPUの温度だけ見てみると、今回試したクーラーより若干冷える感じだ。
このCPUクーラー何故出回らなくなったんだろう?
付属のファン(VS12-1600)にノイズが出るものがあったのはあったんだが・・・。
確かに販売されていた時期には人気はなかったようだが・・・。
****************************
昨日、帰りの電車でラケットケースを持った2人組みの女子高生を見かけた。

期末テストの日程に、合宿の日程に、試合の日程・・・。
二人ともコソコソとしゃがれ声を絞るように
小声で話しているつもりのようだが、
地声が大きいんだよ。(笑)

そして二人してお互いに“ツッコミ”まくり。
思わず周りの乗客もクスッと吹き出してしまう。

その反応に、はにかみながら照れ笑いする顔は
既に真っ黒。そして真っ白い歯。
あぁ、もうすぐ夏本番だなぁー。
と彼女たちの話と笑顔で感じる。

私も、あの頃はこんな感じだったのかなぁ?
とちょっとあの頃の事を思い出した。

・・・
駅から家までの間にあるマンションの前にあるアジサイが
今年も大きな丸い花を咲かせている。
で、探してみた。
カタツムリ。
・・・・・、
ん???
あの頃は、結構いたのになぁー!

時の流れって早く感じられる今日この頃、皆さん如何お過ごしですか?
今年は、早めに“暑中見舞い”を出そうっと。(笑)

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/347793/13399801

MSI P35 PlatinumにCPUクーラー(風神匠・V1)を試してみた。を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿