フォトアルバム

お気に入りブログ

Powered by Six Apart

« あけましておめでとうございます。 | メイン | GeForce 9600GT、積んでみた。 »

2008年2月21日 (木)

このケースで組んでみた。(フリーダム/FPC-EZSPBK)

今回組んだのはこのケース。
アルミ製のMicroATXキューブケース。
フリーダム「FPC-EZSP/BK」だ。

先日このケースでリビングPC用にと思い組んでみたんだが思ったより使い勝手が良い。
今回搭載したマザーボードはMSIの「P6NGM-FIH」
コードネームMCP73と呼ばれる「GeForce 7150/nForce 630i」を搭載し、Core 2 Duo E8xxxが搭載可能なマザーボードだ。

“リビングPC用”?って何だか聞こえは良いが、私の使用環境は、寒いこの時期、コタツとワイドの液晶モニタがある部屋にPCを持ち込んで仕事をしたり、ちょこちょこっとネットしたり、DVD見たり、ゲームしたり、テレビ観たり・・・。
ん?あんまりというかほとんど仕事はしないか!(^^;;
コタツに入りながらゴソゴソしたいだけなんだが。

まぁ軽くてサイズも小さいケースなので移動も簡単。
またこのマザーボードにはD-subとサウンド出力機能を含めたHDMI出力をフルサポートしているのでモニタとの接続も楽々!
やっぱり、ノートPCよりは作業性も高いし。
って、やっぱりコタツは暖かいし、ゴソゴソ、ゴロゴロだよ。(^^;;
このケースの特徴は、・・・
■機能的には、
・アルミ製・MicroATXキューブ形ケース
・幅283 x 奥行き387 x 高230 各mm
 (5インチベイ  2本)
 (3.5インチドライブ 1本)
 (シャドーベイ 2本)
・フロントに液晶温度センサー(LED付
・リアに光る(青)12cm静音
(1500RPM,29.58dBA)ファンが標準搭載。
 (フロントに8cmファン搭載可)

・トップパネル(天板)脱着可
・両サイドにアクリル窓付パネル。
 (ワンタッチ脱着)
・スライド式マザーボードベース。
・フロント部に取っ手が収納されている。
・フルサイズのPCIカード装着可。
・とにかく軽量。(約2.4kg弱)
・フロントコネクタは、
  USB2.0×2個、
 オーディオin/outポート各1個、
  IEEE1394x1個。
※搭載電源は奥行きが160mm以下のものを推奨。

■デザイン的には、
黒く艶消しのアルマイト処理されたボディーはキューブ形の安定した形状と相まってシックな印象を与える。
フロントは上部からは5インチベイ、3.5インチベイ、そして中央やや下部にスイッチ類、ポートが一直線に並んでいる。その下に取っ手が収納されているのだが、その取っ手部に施された曲線の凸凹がデザイン的なアクセントにもなっている。

この収納されている取っ手部の上部の凹んだ部分(今回搭載したフロントの光る8cmファンの光が僅かに漏れている部分)に吸気口がある。
そして黒基調のフロント部で何より目を引くのは、3.5インチベイの横にあるLED付の液晶の温度センサーだ。何て事がないこの温度センサーを上手くワンポイントアクセントになるようにまとめられていると思う。
※画像では温度計のLEDが水色っぽく写っていますが実際にはもう少し濃いブルーです。
そして両サイドには大きなアクリル窓の付いたサイドパネル。PC内部が丸見え状態だ。

また、内部には剛性を配慮して前後方向にバーが何本が渡してあり、ドライブの拡張性、メンテナンスの作業性、エアフロー、そしてサイド窓からの視野性なども考慮された良く考えられたデザインだと思う。

ということで、早速、組んでみた。
使用したパーツは、
*********
[PCケース]:FPC-EZSP/BK
[マザーボード]:MSI P6NGM-FIH
         参照:IT media
[CPU]:Intel Core 2 Duo E8400
[CPUクーラー]:リテール
[グラフィックス]:オンボード (GeForce 7150)
[電源]:450W電源スカイテック SKP-450SP
[FDD]:FD+18in1カードリーダ YD-8V08
[DVD]:日立LG電子 GH20NS10 (SATA接続)
[HDD]:Western Digital WD3200AAKS 320G
[メモリ]:DDRII PC5300(DDR667) 1GB×2 計2GB
[FAN]:Zaward ZGF80BU
*********


■組込み作業
各パネルの取外し方だが、
まず「天板パネル」はPC背面上部中央のネジを外し、PC背面方向に少しスライドさせ上方に持上げるように外す。
次に「両サイドパネル」は少し上方に持上げ外側方向に取外す。

「フロントパネル」はケース内のフロントパネルの背面側の左右両サイドに2本ずつあるネジ(計4本)を外し、ケース内左右の上下にあるフロントパネルのフックを外側に引きながら外す。
「マザーボードベース」PC背面の当該ネジを外して背面方向にスライドさせる。
「ハードディスクラック」はラック下部左右の2本のネジを外して上方に取外す。
ここまでバラバラに取外せると作業性はバッチリだ!

今回は予めフロントに光る8cmファン[ZGF80BU]を取付ける事にした。
※5V駆動、1000rpmにした。
DVDマルチドライブ、FD+18in1カードリーダを取付け、最後にHDDを取付けたラックを取り付けること。
各ドライブともネジ止め式だ。




取外したマザーボードベースにマザーボードを取付け、CPU、CPUクーラー、メモリをマザーボードをケースに取付けて・・・OK!
後は電源を取付け、各ケーブルの配線。
ケース付属の温度センサーはケース中央部チップセットのヒートシンクの上方に吊るした。
と言う事で、
問題なく配線完了!

組込み作業は完了!
ケース内のスペースも十分。キューブ形のケースでは考えられないほどの作業性の良さだ。
想定していたよりも随分短時間で作業が完了した。
メンテナンス製も良いぞ!
■PC起動スイッチON
初回起動時は、お決まりのBIOS設定。
また、BIOS設定でCPUクーラーのファンコン機能を有効にした。
  [CPU Smart FAN Target] --- 50℃
  [CPU Min. FAN Speed] ----- 62.5%
に設定した。
この状態で、しばらく放置、BIOSのCPUの温度を確認。25度前後。(室温約18℃/約1400rpm)
このままVistaをインストール。
※Vistaのインストールパーティション(Cドライブ)は60GB。残りをDドライブに設定。
OSのインストール・各ドライバのインストールも問題なし。
メモリ、HDDのエラーチェック、動作も問題なしだ。
Vistaのインストール完了!
こんな感じになった。

■各所の温度を図ってみた。
CPUファンはBIOSの設定で、50℃までは62.5%の回転数。
50℃を超えると温度の上昇に伴いファンの回転数を上げていく設定。
ケース内温度は、チップセットのヒートシンクの上方に吊るしたケース付属の温度センサーの温度。
・アイドル時の温度
 (室温 約17℃)
  [CPU]---- 約18℃
  [SYS]---- 約23℃
  [HDD]---- 約27℃
  [ケース]-- 約21℃


・CPU負荷時(Tripcode Explorer
 (室温 約17℃)
  [CPU]---- 約47℃
  [SYS]---- 約26℃
  [HDD]---- 約28℃
  [ケース]-- 約22.9℃


・3DMark06 ベンチ実行時
 (室温 約17.5℃)
  ※さすがに動作はカクカクです。画質は良好です。
  [CPU]----- 約35℃(最高値)
  [SYS]----- 約27℃(最高値)
  [HDD]---- 約28℃
  [ケース]-- 約23.8℃


動作温度はこんな感じだ。エアフローも問題なし。
静音性は結構良いと思う。

■MSI P6NGM-FIH について
今回搭載した「MSI P6NGM-FIH」の特徴は、コンテンツ保護機能である"HDCP"をサポートし、D-subとサウンド出力機能を含めたHDMI出力端子を搭載、最新のCore 2 Duo E8400をサポートしていること。
私見ですが画質は「GeForce 7-Series for Intel」(コードネーム:MCP73)チップのGeForce 7150の方がG33やG965のインテルのGMA GMA 3100/3000系よりは現在のところ良いように思う。
このマザーボード、惜しいなぁって思うのはメモリコントローラだ。シングルチャンネルのみの対応となっている。
Vista上での通常の作業では、さほどシングルチャンネルの影響は感じさせない。動作に問題はない。勿論、Aeroも問題なく結構キビキビ動くなぁという印象だ。
それだけに、スペック表にあるこの「シングルチャンネル」はもったいないなぁー。と思う。

決してゲーム向きのマザーボードではないが、通常のPC作業は難なくこなせる。
※G33とのゲーム互換性の比較ではこんな調査結果(ページ下部中央の画像)もある。(ってNVIDIAの調査結果だが)
※さすがに、ロストプラネットは無理。

また今回、昨年の年末に日本橋に行った時に買ってきた「HDMI-DVI変換アダプタ」を使ってモニタにDVI接続してみた。動作に問題はない。
また、マルチモニタも問題なし。
この「HDMI-DVI変換アダプタ」を使うとHDMI、D-sub、DVIの出力が可能だ。
ただI/Oポート部のHDMIポートがPS/2のキーボードポートの真横にあり少し干渉するためこの変換プラグを使う時はUSBのキーボードを使った。


マザーボードの基本性能、ケースのエアフロー、拡張性などを考えるとメインマシンとしても充分。
でもやっぱりこのマザーボードを搭載したこのキューブケース「FPC-EZSP/BK」のPCはリビングPC用にはピッタリ!だと思う。
うん。
#とか思っているのだが、先日メインマシンのデータをごっそりコピーしてコタツに入浸りだ。
やっぱり冬はコタツだよね。(笑)
リビングに(コタツの上にも?)ピッタリな「FPC-EZSP/BK」PC 完成!
でもこのケース、この重量このサイズでありながら、剛性(必要最小限に近いが)やメンテナンス性、拡張性の良さ、それでいて至ってシンプルな構造。よく考えられているなぁ。と思う。
決して高級なケースではないが、この価格帯のケースとしては面白いケースだと思います。


**********
余談ですが・・・
実はこのマザーボードを載せるために、あるキューブケースを買った。
NZXTの「ROGUE」だ! 
デカイ(幅368×奥行き421.2×高さ278.2 各mm)、重たい(本体だけで9.2kg)。
ただ、12cmファンが最大5基、HDD4期搭載可。エアフローに関しては凄いぞ!久々のモンスターケースかも!と思う。
ただこのモンスターケースに載せられるマザーはMicroATXマザーボード。
このケースに似合うモンスターMicroATXマザー候補って・・・
Eaglelake(P45、G45)搭載のMicroATXマザーボードがDFIから出るらしい。
でも今年の6月以降ってか!
(この時期もまた遅れるんだろうなぁー?)待てないなぁー!どうしよ!
グラボを別途搭載するなら、現行・・・、やっぱり「??」だろうなぁ。
と考えている。グラボも色々出てくるしね。
近々詳細報告できればと考えております。
私の懐次第の話になりますが。


**********
■Dual Core Centerについて
先日、日本橋のショップに行った時、顔見知りのショップの店員さんが客の男性さんに叱られていた。
『この間E8500と一緒に買ったマザーに付ている『Dual Core Center』ってソフト起動したら必ず凍りますねん!!!』
ふむふむ。
「MSIのマザーだな!」
(^_^)3 ふむふむ。
「Intelのチップセットのマザーか・・・」
「Vista入れてるんだ・・・」
「P35ってか?」
(^_^)3 ふむふむ。
『他の動作に問題ないんやけど・・・』
『あれ、ホンマ、失敗やったな!!!!!!』
(-_-;う~ん?????
「BIOSの設定で[Intel EIST]を無効にしたのかなぁー?」
※バージョン2.0.1.5 辺りから[Intel EIST]を無効にしないと暴走した事があった。
「メモリは何を使ってるんだろ?」
ってふと思った。
店員さんと何度か目が合った。
店員さんの事、客の男性の事、・・・
色々思案していたんだが、・・・
その場では何も言えなかった。
結局、そのお客さん GIGABYTE のマザーを買って行かれた。
#よっ、男だね、お兄さん!
(-_-;う~ん?????
でも『Dual Core Center』だけで・・・、買い替え???
この男性の事を考えると・・・???
(-_-;う~ん?????
ショップにとっては・・???
まぁ、ご本人さんが納得して購入される訳で・・・
でも『Dual Core Center』だけで・・・、
いや、もっと違うところに買い換えたい理由があるのかなぁ?・・・
まぁ、ご本人さんが納得して購入される訳で・・・
・・・・・
・・・・・
まぁ、そんなものかなぁ?
と結論付けた2月の寒い夜。
帰路を急ぐ私が手に持つのは
「ジャンボハリケーン」 だ!!!
私の場合、PCのお掃除には欠かせないブロアーだ。
そう、ぷにゅぷにゅ って埃を払うヤツ。
ぷにゅぷにゅダスターだ!
460円 ! 1個購入!
どうよ、女だろ! (x_x;)シュン


#『Dual Core Center』のこの現象はソフトの仕様変更か
#新コアとマザーとの相性(?)なのかは解りませんが。
#私の場合、BIOSの設定でOCしているので『Dual Core Center』の
#暴走の件はつい先日まで解りませんでした。
#たまたまBIOSのバージョンをアップした時に[Intel EIST]の
#設定値を変更すのを忘れていてこの件について気づきました。
#[Intel EIST]を無効にすると暴走する事はなくなりました。
#P35Platinum/E8500 と P35Neo2-FI/E8400 で確認しました。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/347793/13399821

このケースで組んでみた。(フリーダム/FPC-EZSPBK)を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿