フォトアルバム

お気に入りブログ

Powered by Six Apart

« MSI P35 Neo3-EFINITY ってどうよ? | メイン | MSI P45 Platinumに乗っけるCPUクーラー。どうよ! »

2008年5月31日 (土)

MSI「N9600GT-T2D512J2」にInnoVISION 「Inno3D 9600GT Accelero S1M」ってどうよ!

現在、私が使っているGeForce9600GTは
Leadtek「WinFast PX9600GT」MSI 「N9600GT-T2D512J-OC」を使っているのだが、この時期に来て室内の温度上昇に伴いLeadtek「WinFast PX9600GT」のファンが少し唸りだした。それほど大きな音ではないけれど、MSI「N9600GT-T2D512J-OC」が静かな分ちょっと気になる程度なんだが。

どうも私の環境では室温が26℃以上になると軽い負荷時にでも「WinFast PX9600GT」のファンの音が気になりだすようだ。

そこで、見かけたのがこのMSI「N9600GT-T2D512J2」とInnoVISION 「Inno3D 9600GT Accelero S1M」。(ファンレス)

それと、ちょっと前に買ったZOTAC 「ZT_96TES3P-FSP」
MSI「N9600GT-T2D512J2」については、2008年5月29日現在詳しいページがない。
この「N9600GT-T2D512J2」なんだが、・・・
今年の2月に発売されたMSI「N9600GT-T2D512J-OC」 だが9600GTの基本的な性能、静音性、冷却性とも結構満足していたので、この「N9600GT-T2D512J-OC」の定格仕様版だな!なんて勝手に考えて購入した。

というのもこんなページを見ていたからかも。MSI「N9600GT-T2D512」。
「N9600GT-T2D512」にはヒートパイプもあるし・・・。
確かに型番も違うのだが・・・。

◆この「N9600GT-T2D512J2」と「N9600GT-T2D512J-OC」を見比べてみると、
・まず、ヒートシンクの形状が違う。
  →「N9600GT-T2D512J2」にはヒートパイプもなく、
   ファンレス仕様のようなあのフィンもない。
   が大きなヒートシンクが搭載されていることが確認できる。
・MSIオリジナルの赤い透明のカーバーもサイド部の高さが違う。
  →「N9600GT-T2D512J2」の方が浅い。
   あの"お姉さん”は変わらず健在!
・ファン自体は、同じもののようだ。

◆シェーダークロックの違い
Leadtek「WinFast PX9600GT」と

コアクロック---650 MHz 、
メモリクロック---900 MHz
シェーダークロック---1625 MHz


・「N9600GT-T2D512J2」と

コアクロック---650 MHz
メモリクロック---900 MHz
シェーダークロック---1650 MHz (オーバークロック)

このシェーダークロックの差が、ベンチの結果を見ると面白い。

・MSI「N9600GT-T2D512J-OC」
コアクロック---700 MHz 、
メモリクロック---950 MHz
シェーダークロック---1750 MHz


◆干渉問題
InnoVISION「Inno3D 9600GT Accelero S1M」なんだが、フィン部のサイズが縦、横ともに大きい。
また、マザーボード側にヒートパイプがあるので、サウスチップ部のヒートシンクやSATAコネクタなどとの干渉に要注意!

実際、今回使用したMSI P35 Platinum では、2×2個に並んだICH9R制御側SATAコネクタの上部(メモリ方向)の2個のコネクタにL字型のケーブルを接続しても干渉した。
下2個のコネクタはL字型のケーブルで接続可。
※次期P45系統ではMSIASUSでは問題ないと思われる。
MSIの「P35 Neo3-EFINITY」では問題なく取付けられます。


■冷却性能、静音性を比べてみた。
◆テスト環境
いつものバラック環境。
・作業部屋を閉めきって、約29~30℃ぐらいまで上げた。
・12cmファン1個を800rpm弱で、PCケースフロント下部にあたる位置に設置。
・ドライバはNVIDIAの175.12(一部175.16でのデータあり)
#ドライバですが5/28付けでリークという形でのベータ版ですが175.80 beta が晒されていますね。
[OS]:Windows Vista Ultimate 32bit (SP1)
[ケース]:バラックケース(DC-ACPCD/R)
[マザーボード]:MSI P35 Platinum
[CPU]:Intel Core 2 Duo E8400
[CPUクーラー]:ANDY SAMURAI MASTER
  SCASM-1000

[メモリ]:DDRII PC6400(DDR800) 1GB×2
[HDD]:WD3200AAKS-B3A0
[電源]:Scythe GOURIKI-550A


※以下の数値は私の所有する各1個ずつの製品の数値であり、
  それぞれの製品の個体差を含んでいる事も大いに考えられます。
  予めご承知くださいませ。

■冷却性能を見る。
数日に跨いでのテストだったのですが、出来るだけ室温を28.5℃~30.0℃にして実行。
またGPU温度のログ取りは「EVEREST Ultimate Edition v4.50」を使用。

◆アイドル時の温度 [室温:約29℃~30.0℃]
  負荷後、10分放置の温度。
・MSI「N9600GT-T2D512J2」
   [アイドル時] -- 約 42℃
・ZOTAC「ZT_96TES3P-FSP」
   [アイドル時] -- 約 51℃
・InnoVISION「Inno3D 9600GT Accelero S1M」
   [アイドル時] -- 約 42℃
・Leadtek「WinFast PX9600GT」
   [アイドル時] -- 約 52℃
・MSI「N9600GT-T2D512J-OC」 [アイドル時] -- 約 38℃
※参考:「GeForce 9600GT、積んでみた。」
  室温約17.5℃ 時の
・Leadtek 「WinFast PX9600GT」
   [アイドル時] -- 34℃
・「N9600GT-T2D512J-OC」のアイドル時の温度
   [アイドル時] -- 25℃

◆3DMark Vantage(デフォルト設定)
この 3DMark Vantage のスコアも見たかったので、手始めに3DMark Vantage。
・MSI「N9600GT-T2D512J2」
  [最高値] ------ 54℃


  [GPU SCORE] --- 3280
  ※シェーダークロック---1650 MHz モデル


・ZOTAC 「ZT_96TES3P-FSP」
  [最高値] ------ 65℃


  [GPU SCORE] --- 3296
  ※シェーダークロック---1650 MHz モデル


・InnoVISION「Inno3D 9600GT Accelero S1M」
  [最高値] ------ 63℃


  [GPU SCORE] --- 3117
  ※シェーダークロック---1625 MHz モデル


・Leadtek「WinFast PX9600GT」
  [最高値] ------ 64℃


  [GPU SCORE] --- 3101
  ※シェーダークロック---1625 MHz モデル


・MSI「N9600GT-T2D512J-OC」
  [最高値] ------ 53℃


  [GPU SCORE] --- 3481



◆3DMark06(デフォルト設定)
・MSI「N9600GT-T2D512J2」
  [最高値] ------ 57℃


  [スコア] ---- 10247
  ※シェーダークロック---1650 MHz モデル

・ZOTAC 「ZT-96TES3P-FSP」
  [最高値] ------ 66℃


  [スコア] ---- 10240
  ※シェーダークロック---1650 MHz モデル



・InnoVISION「Inno3D 9600GT Accelero S1M」
  [最高値] ------ 63℃


  [スコア] ---- 9980
  ※シェーダークロック---1625 MHz モデル

 
・Leadtek「WinFast PX9600GT」
  [最高値] ------ 66℃


  [スコア] ---- 9985
  ※シェーダークロック---1625 MHz モデル

 
・MSI「N9600GT-T2D512J-OC」
  [最高値] ------ 56℃


  [スコア] ---- 10597


※参考:「GeForce 9600GT、積んでみた。」[2008年2月27日(水)]
  室温約17.5℃ 時の
・Leadtek「WinFast PX9600GT」
   [最高値] ------ 54℃
・MSI「N9600GT-T2D512J-OC」の温度(Windows XP 環境)
   [最高値] ------ 43℃

◆ロストプラネット体験版
・MSI「N9600GT-T2D512J2」
  [最高値] ------ 57℃


・ZOTAC 「ZT_96TES3P-FSP」
  [最高値] ------ 67℃


・InnoVISION「Inno3D 9600GT Accelero S1M」
  [最高値] ------ 70℃


・Leadtek「WinFast PX9600GT」
  [最高値] ------ 67℃


・MSI「N9600GT-T2D512J-OC」
  [最高値] ------ 56℃


※参考:「GeForce 9600GT、積んでみた。」[2008年2月27日(水)]
  室温約17.5℃ 時の
・Leadtek「WinFast PX9600GT」
   [最高値] ------ 61℃
・MSI「N9600GT-T2D512J-OC」の温度(Windows XP 環境)
   [最高値] ------ 46℃

2008年2月27日(水)時のエントリーにあるMSI「N9600GT-T2D512J-OC」のアイドル時の温度や「3DMark06」と「ロストプラネット体験版」実行時の最高温度と室温(約17.5℃)の関係と、今回のデータと比較すると、概ね室温の上昇がそのままそれぞれの温度に影響を与えているように思われる。
以下推察になるが、室温(またはケース内温度)の上昇とGPU温度の上昇の関係は決して直線的に比例するのもではないと思う。室温が上昇するにつれ、GPUの温度上昇率は上がっているように思う。
とは言え、今回試した室温29℃~30℃の環境は、夏季のGPU温度のある程度の目安にはなると思う。
それにしても、ファンレスの「Inno3D 9600GT Accelero S1M」は“冷える”。
冷却性能に順位を付けるとすると(優れていると思われる順)
1.MSI「N9600GT-T2D512J-OC」
  →オーバークロック版でありながら、MSIオリジナルの冷却機能の効果はバッチリ!
 
2.MSI「N9600GT-T2D512J2」
  →50℃、55℃と温度が上昇するにつれ、ファンの回転数が上がるのがはっきりわかる。
   冷却性能に問題はなし。
  
3.InnoVISION「Inno3D 9600GT Accelero S1M」
  Leadtek「WinFast PX9600GT」
 
  →ファンレスの「Inno3D 9600GT Accelero S1M」はケースにサイドファンが搭載されている場合、他の2機種と同レベルだと思われる。
 
■静音性について(思いっきり主観です)
まず、私の感覚だけの判断になりますが、静音性の優れた順に並べると以下のような感じになります。
※いずれの機種とも、搭載するケースにもよりますが夏季のグラボから発せられる音としては問題のないレベルだと思います。今回試した5機種内の比較と言う事で・・・。
1.InnoVISION「Inno3D 9600GT Accelero S1M」
  →文句なし。だってファンレスだもの。(^^)V
   でも、結構デカイよ。ワタシ。
 
2.MSI「N9600GT-T2D512J-OC」
  →全体として静か。
   グラボのファンとしては中低音の風切り音。
   負荷時コイル鳴き少々トッピング。
   それほど高い音(高周波音:以下同じ意)ではない。


  →3位以下僅差。音質の差(この辺りは思いっきり主観です)
   ファンの音質はやや高めの音だが静か。
   アイドル時にキーンと高い音がほんの少々混じる。

4.Leadtek「WinFast PX9600GT」
  MSI「N9600GT-T2D512J2」 
  →ファンの音質は「WinFast PX9600GT」が高め。
   やや、キーンと高い音も混じる。
   「N9600GT-T2D512J2」は低めの風切り音。
  →音自体は「N9600GT-T2D512J2」の方がやや大きめだが
   音質的には気にならない音。大き目の風切り音。
となるかなぁ?

■搭載ケースとの相性もあるかも?
ケース形状やPCとしての設置条件など、ファクターが多すぎて決して一概には言えないのだが、
ZOTAC 「ZT_96TES3P-FSP」・MSI「N9600GT-T2D512J2」・Leadtek「WinFast PX9600GT」に関しては、搭載するPCケースにより印象は変わるってくるのでは?と思う。

「TUNIQ3-BK」に搭載すると返って内部で音が篭るっていうか・・・、妙に気になる。やや高めの音質のファンの音についても同じような感じだ。
ただファンの音はそれほど気にならなかった事と、温度が高めだった事から、「TEMPEST」のようなエアフローの良いケースにと思い試しに乗っけてみた。
逆説的な言い方になるが、開口部が多い分(多いからか)こちらの方がノイズは気にならなかった。ただノイズが消えた訳ではない。が充分許容範囲だと思う。負荷時のファンの音も含め全体としてケースはこの方向かな?と思う。

MSI「N9600GT-T2D512J2」に関しては、RAIDMAXの「SPEEDY RX-9」に搭載。やや気になった風切り音も気にならないレベルになると思う。

Leadtek「WinFast PX9600GT」は、現在の使用環境「TUNIQ3-BK」が良いかなぁー。と・・・、思うことにした。

上記の静音性に関するコメントは、現在私が一番長時間使用しているファンレスの8600GTS・8600GTを積んだ職場のPCと自宅のメインPC(共に静音PC)が基準になってしまっているかなぁー。と思います。

■感想
こうして見てみると、MSI「N9600GT-T2D512J-OC」の冷却装置を積んだ定格仕様のグラボMSI「N9600GT-T2D512」を日本でも発売してくれないかなぁー。とつくづく思う。
このタイミングでMSIがMSI「N9600GT-T2D512」ではなく「N9600GT-T2D512J2」を日本で投入したのはやはり価格的な問題なのかなぁ? なんて、思っていたら、MSIからこんなのが発売されるらしい。
MSI「N9600GT Hybrid Freezer」
参照:マイコミジャーナル「MSIが将来製品と新技術に関する情報を公開、P45マザーの詳細など」のページ下部。
これ、良さそうなんだが、・・・搭載メモリが1GBかー。それこそ価格的にどうなんだろ?
やっぱり「N9600GT-T2D512」を18,000円ぐらいで発売してくれたらなぁーと思う今日この頃、MSI様お元気ですか。(笑)


***************
余談です・・・、全然話はかわります。<(_ _)>覚え書です。
■DVDマルチドライブなどにバンドルされている「Nero」について
  現在、DVDマルチドライブなどにライティングソフトの「NERO 7 Essentials」がバンドルされている場合があります。
  このようなパーツに付いてくる「NERO 7 Essentials」はバージョンが少し古い場合が多いです。
  「NERO 7 Essentials」の場合のインストール手順ですが・・・

  付属のCDからインストール
  → アップデータをダウンロード
  → アップデート作業。
  は面倒です。時間もかかります。


  私の場合は、
  予めアップデータをダウンロードしておく。
  ※「NERO 7」のアップデーター
   → アップデータをダブルクリック!してインストール開始。
   → インストール途中の[ユーザー情報入力画面]にある
     【シリアル番号の確認方法】をクリック!
 → 右上のような画面が表示されます。
  →バンドル版CDをドライブにセット。
  →【確認】をクリック!
  →自動的にシリアル番号が読み取られます。
  →後は表示される指示に従い、適宜インストール作業を進める。




***************
先日、おばあちゃんから
「蛍が出始めたよ」
って電話をもらった。

ダメだ。
あの草の匂い。川の音。頬を撫でる風の感触。

ダメだ。
あの連絡以来、
ふと目を閉じると、
蛍が飛んで来る。

あー、もうこんな季節なんだ。
5月も、もう過ぎちゃうね。

昨日の昼休みに、珍しく近くに誰も居なかったので
椅子の背もたれに体を預け、目をつむりながら

♪季節のない街に生れ 風のない丘に育ち
♪夢のない家を出て 愛のない人にあう
♪人のためによかれと思い
♪西から東へ かけずりまわる
♪やっとみつけた やさしさは
♪いともたやすく しなびた
♪春をながめる 余裕もなく
♪夏をのりきる 力もなく
♪秋の枯葉に身をつつみ
♪冬に骨身をさらけ出す
♪・・・・・

なんて呟いていると、
「なんや?そんなしんみりした歌、歌って?」
「それにしても古い歌よく知ってるなぁ!」
って、部長の声。

古い歌・・・、
父の鼻歌とあのレコードたちののせいだなぁー、これは、きっと。(苦笑)
私自身、全然しんみりした気分なんかじゃないんだが、・・・

「蛍が待ってるんですよ!」
って叫びたい気分だったんだよ。

あー、ダメだ。
蛍が・・・、(笑)

でも、あの場所も少しずつ変わってる。

今夜、気づいたんだが
蛍を見るのが目的じゃなく
蛍が乱舞する季節に
あの場所に行きたいんだと。

あの草の匂い。川の音。頬を撫でる風の感触。

ほんの一瞬、あの時に戻れる。

それがいつの頃だったかも思い出せないのだが。
あの日の、乱舞する蛍の光とその光を映す水面。
美しくもあり、儚くもあるこの儀式が繰り返されるんだ。
と・・・、
蛍の光を追うことの空しさ・・・
その余韻が、今も私の五感に残っている。

私にとって、数少ない自己の道しるべの場所。なのかも。

♪・・・・・
♪今日ですべてが終るさ
♪今日ですべてが変る
♪今日ですべてがむくわれる
♪今日ですべてが始まるさ

で終わるあの歌の途方もない余韻に
どこか通じるところがあるのかも???

尖った言葉も、今夜は彼特有のてれ隠しにしか思えない。
泉谷しげる 24歳の時の作品「春夏秋冬」

当分、私の鼻歌は、この歌になるかも。(微笑)

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/347793/13399871

MSI「N9600GT-T2D512J2」にInnoVISION 「Inno3D 9600GT Accelero S1M」ってどうよ!を参照しているブログ:

コメント

勉強と参考になりました。
私もいいオヤジですが精進いたします。

こんばんは、早乙女 様。
早乙女オヤジ 様。 かぁー。
う~ん、何だか、深いですねー。(笑)

私はますますオヤジ化が進んで来ております。はい。(^^;;
歌だけではないようです。
詳しくは、・・・、言えないです。(苦笑)

自分のための覚え書ばかりのブログですが
またお立ち寄りくださいませ。

コメントを投稿