フォトアルバム

お気に入りブログ

Powered by Six Apart

« ハードディスクとOSと私 | メイン | MSI「N9600GT-T2D512J2」にInnoVISION 「Inno3D 9600GT Accelero S1M」ってどうよ! »

2008年5月16日 (金)

MSI P35 Neo3-EFINITY ってどうよ?

先日発売されたMSIの「P35 Neo3-EFINITY」
なぜこの時期にP35チップが発売?なんて思っていたけどMSI 「X48C Platinum」と一緒に買ってしまった。
実はMSI 「X48C Platinum」に、QX9770 と DDR3 1333MHzを乗っけて動かしてみたんだけど・・・、やっぱりこのマザーにはXMP対応の1600MHzでしょ。なんて思えてきちゃって・・・。
でも連休前、既に予算オーバーだった。
で、この「P35 Neo3-EFINITY」に搭載されている新たなBIOSとも言われる「Extensible Firmware Interface」(EFI)を確認してみる事にした。

※“EFI”については
インテル、BIOSに変わるハードウェア制御API、EFI(Extensible Firmware Interface)の記者説明会を開催――同社のEFI対応プランとスケジュールを説明

Wikipediaの『Extensible Firmware Interface』
などを参照ください。

“EFI”は、この「P35 Neo3-EFINITY」が自作用としては初との事。で、ちょっと動作確認。
■テスト環境
  [マザーボード]: P35 Neo3-EFINITY
  [CPU]: Core 2 Quad Q9450
  [グラボ]: MSI N9600GT-T2D512J-OC
  [メモリ]:DDRII PC6400(DDR800) 1GB×2
  [DVDドライブ]: 日立LG電子 GSA-H10N
  ※途中からJMB363側のSATAに接続
   日立LG電子 GH20NS10 BL (SATA接続)
  [FDD]: YD-8V08(FDD+カードリーダー)
  [HDD]: WD3200AAKS-B3A0


※CPUクーラーは「ANDY SAMURAI MASTER SCASM-1000」搭載可。

「P35 Neo3-EFINITY」ってどうよ!
確かめたかった点は以下の4点。
  1.何といっても“EFI”ってどうよ!?
  2.EFI-BIOSのバージョンアップは?
  3.EFI環境でのシステムドライブのバックアップは?
  4.Intel P35+ICH9 +JMicron JMB363 の動作は?


■1.“EFI”ってどうよ!?
まず、「P35 Neo3-EFINITY」のレビューについては下記のページを・・・。
 ・ 自作パソコンで"EFI"初め - MSI「P35 Neo3-EFINITY」を試す(マイコミシャーナル)
EFIのBIOSセッティングに入るには起動途中に画面に表示されるのだが【DEL】キーか【F2】キーを押して入る。
表示された画面は、既存のいわゆるBIOS画面からすると随分グラフィカルな印象だ。
多言語対応で勿論日本語も用意されているし、マウスでの操作も確かにできる。

#ただこのマウスの感度がシビアって言うか、ダブルクリックで【決定】なのだが上手くダブルクリックできない。私の環境が悪いのか、ただ慣れていないだけかも知れないが。
またどうだろうなぁ?と少し心配していた日本語化は意外と(?<(_ _)>)まともかも、と思う。

ここで、確認しておきたかった項目は、
◇デフォルト値のロード項目
 【保存&終了】→【デフォルトを修復する】



◇SATA・IDEの設定項目
 【チップセット設定】
→【SATA/IDEコンフィギュレーション】



◇クロック・電圧・レシオの調整項目。
◇メモリのDRAMのタイミング設定項目。

 【Cell Menu】内に。



◇EIST・C1の設定項目。
 【チップセット設定】
   →【CPUコンフィギュレーション】


◇USBデバイスでの起動。
 【チップセット設定】
   →【USBコンフィギュレーション】
    でデバイス毎に設定できる。
※「530M以下のUSBデバイスは、フロッピーに数えられる」との事。


まぁ、このくらいで取り合えずどうにかなるかなぁー。っと。覚え書。

◇ちょこっと「EFI Shell」試してみた。
こんな感じ。


■2.EFI-BIOSのバージョンアップは?
事前に台湾のダウンロードサイトからダウンロードしていたアップデータ自体が2MB以上あったのでフロッピーでは駄目だなぁと思っていたので、ASUSのEZ Flash みたいな物があるのか、もっとスマートな方法が用意されているのかと思っていたのだが、・・・なかった。
MSIのサポセンに電話で問い合わせてみたのだが、現行メーカーとしてのEFI-BIOSのバージョンアップ方法があるのか?ないのか???
まぁ、現在、日本のサイトにはVer.1.0のデータしかないし、LiveUpdate(Onlineも含め)にも最新データはないようなので・・・。アップデートの必要なし。と言う事かな?
きっと、P45チップマザーが発売される時には、もっとスマートな方法をアナウンスしてくれるものと思う。いや願う。
でも、アップデータを見つけてしまった。私は試すぞー。っっっと。
で、EFI-BIOSにUSBカードリーダーから起動できるようなので、SDカードでアップしてみた。
Ver.1.0 → 1.1 (最新は1.2)
※今回は64MBのSDカードを使用した。
※530MB以上の物を使う場合は 【チップセット設定】→【USBコンフィギュレーション】で適宜設定。
※勿論USBメモリでもOK!CFでもできた。
※この方法で良いのかダメなのかはわかりませんが。


◆手 順
手順-1.SDカードをDOS起動ディスク化
(a)まず、任意のフォルダに「MSDOS.SYS」、「COMMAND.COM」、「IO.SYS」の3個のファイルを用意しておく。
このファイルはWindowsでフロッピーデスクをフォーマットする時に『MS-DOS起動ディスクを作成する』でフォーマットすると、そのフロッピー内にあります。
(b)USBメモリでDOS起動できるようにするために、次のソフトHP USB Disk Storage Format Toolをダウンロードしインストール。
(c)デスクトップの「HP USB Disk Storage Format Tool」をダブルクリックして起動。
  ※Vistaの場合、「管理者として実行」。
→【Device】を適宜選択。
→【File system】はFAT or FAT32。
→【Create a DOS startup disk】にチェック。
→【using DOS system files located at】に(a)のフォルダをフォルダを選択。
→『Start』をクリック!


手順-2.EFI-BIOSのアップデータ
(a)最新アップデータのダウンロード
「P35 Neo3-EFINITY」のEFI-BIOSの最新アップデータ(Ver. 1.2)は、現在(08.05.15)メーカーの台湾サイトにあります。今回は(Ver.1.1)にアップしました。
  http://taiwan.msi.com.tw/index.php?func=downloaddetail&type=bios&maincat_no=1&prod_no=1427
 日本のMSIのダウンロードページは
  http://www.msi-computer.co.jp/support/bios/?p=P35+Neo3-EFINITY&x=10&y=5
 
(b)ダウンロードしたファイルを解凍して、フォルダ内の
 「AFUDOS.exe」、「E7395IMS.1x0」を上記の起動ディスク化したSDカードにコピー。
(c)「AUTOEXEC.BAT」ファイルをテキストエディタで作成。
 このファイルには「E7395IMS.110」の場合、
   AFUDOS E7395IMS.110 /p /b /n
  と記入し、この「AUTOEXEC.BAT」も起動ディスク化したSDカードにコピー。
  
※SDカードにコピーするのは「AFUDOS.exe」、「E7395IMS.1x0」、「AUTOEXEC.BAT」の3個。


手順-3.ブートデバイスの優先順位の設定。
EFI-BIOSの設定画面に入り
【ブート設定】→【ブートオプション優先】で
『Floppy』を一番上に設定。
※この時同じ【ブート設定】設定画面の
【フロッピードライブBBS優先】に
SDカードリーダーが認識されているか確認。


手順-4.EFI-BIOSのアップデート実行。
設定が完了したらSDカードをリーダーにセットして、設定を『保存してリセット』。
EFI-BIOSのアップデートが実行さる。
完了。

■3.EFI環境でのシステムドライブのバックアップは? 
私は「Acronis True Image」を使っているのでよくわからないが「リカバリ名人」らしい。
ドライブ毎のバックアップファイルのイメージが作成できる。
バックアップファイル作成手順は、
→「バックアップを取るドライブを選択」
→「バックアップファイルを保存する場所の選択」
※この時にドライブ上に「新しいフォルダ」が作れる。
 バックアップファイルの分割サイズの設定が出来る。
 なるほど。


復元手順は、作成手順の反対。端折!<(_ _)>
 
※「Acronis True Image 11」も問題なく動作した。
 復元に要する時間は「リカバリ名人」の方が若干早かった。ように思う。
  
■4.Intel P35+ICH9 +JMicron JMB363 の動作は?
Windows XP・Vista32bit、64bitとも問題なく動作しました。安定動作。
 
JMB363でのRAID-0 構築は問題なし。
動作は、簡単な動作しかしていないので・・・。
端折!<(_ _)>

 
■その他、覚書。
◆内蔵カードリーダーを搭載するとPCの起動時に若干時間がかかる場合がある。
【ブート設定】→【ブートオプション優先】で『Floppy』を下位に設定するか
【フロッピードライブBBS優先】でフロッピー以外のデバイスを【無効】に設定。


***************
余談ですが・・・
X48C Platinumの場合、
・CPUクーラー「ANDY SAMURAI MASTER」は
 干渉問題あり。
・ZALMAN 「CNPS9700 NT」は問題なし。
このX48C Platinumのサーキュ・パイプにヒートシンクはトップフローのクーラー仕様なのかなぁ? とも思う。
***************

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/347793/13399857

MSI P35 Neo3-EFINITY ってどうよ?を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿