フォトアルバム

お気に入りブログ

Powered by Six Apart

« MSI P45 Neo2-FRで CPUクーラー と HD 4850 を試してみた。 | メイン | このケースで組んでみた。(Skydigital 「TUNE-UP 250」SKY775L25-BK) »

2008年9月18日 (木)

このケースで組んでみた。(Thermaltake M5 VJ2000BWS)

今回組んだのはこのケース。 Thermaltake(M5」(VJ2000BWS)
この9月5日に発売されたケースだ。この「M5」(VJ2000)シリーズには4つのバージョンが用意されている。
サイドのアクリル窓の有無。またそのそれぞれの筐体部分がブラックパウダーコーティング塗装されたバージョンが用意されている。
このブラック パウダーコーティング塗装使用は日本向けに開発されたフル・ブラックデザインとの事だった。

「日本向けに開発」って?
「フル・ブラックデザイン」が?何故なんだ?
「日本向けに開発」って“売り文句”になるの?
「日本限定」って事じゃないらしい。
まぁ、いいや、“売り文句”に乗って買ってみた。(^^;;
「フル・ブラックデザイン」なんだから、筐体が見えるアクリル窓のバージョンでしょ!
と「M5」(VJ2000BWS)。


確かに「V9」シリーズのラインナップには「フル・ブラックデザイン」はないようだ。
#この「V9」の方が天板部のファンの処理には“無理がない”ように思うのだが・・・、
#この全体のフォルムは、流石に満腹気味かなぁ? とも私も思う。
#で「M5」なのね? と想像してみた。(~ヘ~;)ウーン


このケースの特徴は、・・・
■機能的には
エアフローは背面、天板部の12cmファンで排気。フロント12cmファンとPC向かって左側パネル部の2箇所の通気口から吸気。
この左側パネル部の大き目の通気口からの吸気が結構効果があるようでケース内の上・中・下部の温度とも室温+1~2℃ぐらいだ。
フロントの12cmファンはブラケットごと脱着可。防塵フィルターの手入れも容易だ。
マザーボード裏側を冷やすための「マザーボードトレイファン」(7cmファン10mm厚)が搭載されている。
ネジ穴自体は8cmファンまで対応しているが厚みは10mmのものを用意する必要がある。

クーラーマスター社の「CM690」などにも同じようなファンが搭載されていたのだが、今後この仕様のものが各社からまだ出そうな予感もする。
電源ユニットを底部に配することで、マザーボードのグラフィックスカード用スロットの位置が3.5インチベイの位置に収まるように設計されている。
PC背面(PCIブラケット部)内面より3.5インチベイ部まで約315mm、約267mm長の「Geforce GTX 2xx」でも無理なく搭載可能だ。

また、PCI部のツールフリーの固定具も新しく設計されたとの事。ちょっと使い勝手を試してみようと思う。
5.25インチドライブベイ部はツールフリーの片側ロック式だ。

(以下、簡単な仕様)
・スチール筐体
・奥行き488 x 幅190 x 高431 各mm
・「マザーボードトレイファン」(7cmファン)を標準搭載。
・その他フロント(青いLED)・リア・天板部(各12cmファン)と
 合わせて4個のファンが標準搭載。
 ※フロントファン部はブラケットと防塵フィルターが付く。
 ※天板部ファンは14cmファンに換装可。
 ※4個のファンとも4ピンベリフェラル。
・電源ユニットはボトム設置。底部より吸気。
 ※底部の吸気口部には防塵フィルター取付け済み。
・5.25インチドライブベイとPCIブラケット部はツールフリー。
・筐体部は「フル・ブラックデザイン」。
・PC向かって左サイドパネルには5.25インチドライブベイ部
 と電源ユニット部に通気口。
 PC向かって右サイドはHDDと「マザーボードトレイファン」部に通気口。
・PC背面上部に水冷用のパイプ用穴有り。
・ドライブベイは 5.25×4本、3.5×2本、HDD×5本。
・フロントコネクタは
 USB2.0×2個、
 オーディオin/outポート各1個、
 (HD Audio・AC'97両対応)

■デザイン的には
PC向かって左側サイドパネル部の斜めに配されたアクリル窓とフロント寄り上部、背面寄り下部にある通気口が印象的だ。
そしてその開口部より見えるケース内の金属部はブラックパウダーコーティング塗装が施されている。
そして背面天板部の12cmファンはサーマルテックお得意のオレンジ色の羽根のファンが鮮やかに浮かび上がる。

フロント下部に青く光る12cmファンがドカンと目立つ。
上部のドライブベイ部は両サイドのエッジ部が斜めにカットされてあり3.5インチベイ部から下部の12cmファン部に繋がるあたりある曲線がなんだか目立つ。
そしてその曲線がフロントフェイスを柔らかく見せ、またコンパクトに見せている。

全体として、角度を付けた直線で変化をつけ、曲線の上手くバランス取っている絶妙なデザインかも。
派手さを感じさせず、でいて存在感はバッチリ!
結構、飽きの来ないデザインではないかなぁー。と思う。

サイドパネルを外すとケース内は結構派手だぞー!


ということで、早速、組んでみた。

使用したパーツは、
*********
[PCケース]:「M5」(VJ2000BWS)
[マザーボード]:「P45 Neo3-FR」
        参照:MSI Global
[CPU]:Intel Core 2 Duo E8500(E0)
[CPUクーラー]:リテール
[グラフィックスボード]:ZOTAC 「ZT-96TES3P-FSP」
[電源]:Scythe CORE2-600-P(600W)
[FDD]:FD+18in1カードリーダ YD-8V08
[DVD]:日立LG電子 GH20NS10 BL (SATA接続)
[HDD]:WD3200AAKS-B3A0
[メモリ]:DDRII PC6400(DDR800) 1GB×2 計2GB
[OS]:Windows Vista Ultimate 32bit (SP1)
*********


<br clear="all">■組込み作業
フロントパネル部の取り外し方は、フロント下部パネル底の切込みに手を入れて引っ張り出すタイプ。
※数あるケースの中にはケース内部からネジ止めされているものやフックがあるものもあるので要確認!

フロントベゼルは内側の両サイドのツメをそれぞれ外側に押しながらベゼルを内側に外す。

5インチベイはツールフリーの片面ワンタッチロック式!
固定度に問題はないが、ぐらつく場合は(反対サイドでの固定は基本的に出来ないの)このサイドの他のネジ穴をネジで固定し補強。

3.5インチベイにFD+18in1カードリーダーをネジで固定。

HDDは片面ワンタッチロック式だ。ただこのケース、HDDのコネクタが付いた部分をPC向かって右側に設置する仕様になっているので、設置方向に注意!
#通常、PC向かって左側にコネクタ部分が来るように設置するケースが多いのだが・・・。

それとこのケース、HDDの固定度が甘い。っていうかブカブカ状態だ。約1mmの遊びがある。
防振のために何か挟むんだろうか?・・・付属品にはそのようなものはない。
何か(防振のためのゴムなど)HDDフォルダー部に欠損しているのか?
なんて考えてしまったぐらいにガタつく。
HDD自体の振動の程度にもよるのだろうが共鳴などはなかったし、抜け落ちるってことは決してないのだが・・・。
まぁ、ショートスパン式(HDDのサイドにある隣り合う2穴で)のロック形式なので残ったネジ穴をネジで固定した方が良いと思う。
また反対サイドはフロント12cmファンのブラケットを取り外せばネジでの固定は可能だ。
PCを移動させる場合などは、固定しておいた方が良いかも。と思う。

私はHDD用防振ゴムで対応した。
これで固定度も問題なし。OK!だ。

これでドライブ類の取付けはOK!

マザーボードにCPU、CPUクーラー、メモリを予め取付け、・・・
マザーボードをケースに取付けて
・・・OK!

配線
フロントのオーディオin/outポートのコネクタはHD Audio用・AC'97用が用意されている。
各ケーブル長も問題はないと思う。

電源を取付け、付属されている電源の固定具をマザーボードトレイ下部に取付ける。
※マザーボードトレイの裏側から付属しているタッピングネジで固定。
また電源を底部に設置するタイプの場合、EPS12VコネクタやATX12Vコネクタへの配線がケーブル長の関係で上手く取回しが出来ない場合がある。
そんな時、私の場合EPS12V用電源延長ケーブルなどで対応している。

各ケーブルの配線も問題なく配線完了!

このケースには配線を束ねて固定するためのスリットがマザーボードのPCフロント側方向に縦に3箇所設けられている。
結束バンドなどで使って配線を整理できる。これ結構便利だ。

後は、グラボを取付けて・・・
PCIブラケット部は新設計(されたとの事)のワンタッチロック式。
固定度は、・・・甘い。挿したボードの下部の“受け”の部分がないので・・・。
ただ外れたりする事はないと思われるので問題はないかと思うが、やはりPCを移動させる時には、予めPCI部のボード類は外しておいた方が良いと思う。
または、この止め具自体を外すことが出来るので、PCの移動を良くする場合はネジでボードを固定しておく方が。と思う。
※ただ、この部分の止め具は難しいと思う。ボードの下部の“受け”の部分を設けると
※2スロットモデルのグラボなどにはロックすら出来なくなるものもあるので・・・。
※汎用性を考えるとこの形式の方が良いのかなぁ?と思うのだが・・・。(-_-;ウーン

私は耐熱性防振ゴム(1mm厚)を加工してこの止め具のピン部に取付けた。
バッチリ! 


このPCI部の固定具はPC背面の3本のネジを外すと簡単に取外せる。
固定具を取外せば、ピン部はPCIブラケット方向に簡単に抜ける。
このゴムの付けるだけで結構固定できるぞー!
サーマルテック様、是非お付けくださいませ。お願い!


そんなこんなで、グラボの取付けもOK!

という事で、組込み作業は完了!

HDDとPCI部のワンタッチロック式の固定度の甘さは気になるが、通常使用には問題はないと思う。
とは言え、サーマルテック様、上記に記したように、HDD用防振ゴムの付属と、PCI部の固定具のピン部のゴム(シリコンワッシャーならなおベター)の追加していただけないでしょうか?
このケースのワンタッチ式の固定具は非常にお手軽で便利なだけに、ちょっと残念かなぁー。
※勿論、私のような素人の発想よりよりスマートで確実な対策を希望します。

上記以外の基本的な各箇所の加工、処理とも問題はない。
#“上記以外の基本的な・・・”ってちょっとおかしいかなぁ?(微笑)
#まぁ、ちょっと気になる所ではあるけど、どうにもならない様な不具合では決してないんだ。
作業スペースはサイズのわりには広く感じる。
電源を底部に設置する事で、ケーブル類もまとめやすくなりマザーボード上のメンテナンス性もバッチリ!
マザーボードの脱着も容易だ。

■スイッチON!
初回起動時は、お決まりのBIOS設定。
BIOS設定でCPUクーラーのファンコン機能を有効にした。
 [CPU Smart FAN Target] --- 50℃
 [CPU Min. FAN Speed] ----- 50%
に設定した。
EISTは有効。

この状態で、しばらく放置、BIOSのCPUの温度を確認。43~44℃前後。
(リテールクーラー/室温約29℃/約1100rpm)
このままVista SP1をインストール。
※E0の“CPU温度”についてはMSI社のマザーボードの場合、C0のものより高く表示されるようだ。
 ただ、OS上で確認した各Coreの温度は2個のCoreともアイドルで43℃。(“CPU温度”は43~44℃)
※Vistaのインストールパーティション(Cドライブ)は60GB。残りをDドライブに設定。
※今回搭載した「P45 Neo3-FR」にVista SP1インストールする場合は、BIOSを1.2以上にアップ。
※また今回搭載したE8xxxなどE0ステッピングのCPU、GF 9xxx series を搭載する場合はBIOSを1.4にアップ。

OSのインストール・各ドライバのインストールも問題なし。
メモリ、HDDのエラーチェック・グラボの動作も問題なし。

Vistaのインストール完了!


エアフローに問題はない。動作確認時にどこでも温度計2でケース内の温度測ってみた。
ケース内温度は上・中・下部とも約室温+2℃ってとこだ。(室温29.0度)


■気になる・・・。
◆ファンの音が少し気になる。
決して爆音ではないんだが、ケースに付属する3個の12cmファンの音が気になる。
私にとっては煩かなぁ。
組むまで気になっていたマザーボードトレイ部の7cmファンはあまり気にならないようだ。
またこの7cmファンの箇所にあるサイドパネル部の通気口の穴も大きめなのでサイドパネルを嵌めても音はあまり気にならい。
よしよし!
◆天板部の12cmファンとCPUクーラーの干渉問題。
組立て時より気になっていたんだが、PCケース内に取付けられている天板部の12cmファン(25mm厚)がマザーボードを取付けた際にマザーボードの上部(CPU側っていうか・・・)にかぶる状態になる。
上手く言えないけど・・・、
この状態ではちょっと大きいCPUクーラーはこの天板部の12cmファンと干渉する。
「ANDY SAMURAI MASTER」「Ultra-120 eXtreme」「CNPS9700 NT」Achilles 「S1284」APACK ZERO therm 「Zen FZ120S」・・・、全てダメだった。


■ちょっと対策
◆CPUクーラー(Achilles 「S1284」)搭載。
今回、このケースを見たときから搭載したいなぁと思っていたCPUクーラーがある。Achilles 「S1284」だ。理由は至って単純、ケース内のファンの色をオレンジに・・・。
で、CPUクーラーはこの「S1284」を搭載することを前提に考えた。
向きは、天板部に12cmファンがあるとは言えサイドパネルのフロント上部側に通気口もあるしやはり背面方向排気に。。。
となれば、天板部に12cmファンを外して、天板部に防塵フィルターでも・・・。
いやいや、確かあの箱の中に・・・、あった!
17mm厚の12cmファン「B1201512LW」だ。
※参照:http://www.zaward.co.jp/fan-pic/b1201512lwpop.pdf(PDFファイル)
オレンジ色じゃなくなるけど、・・・、
この17mm厚のファンなら「S1284」・「Zen FZ120S」・「CNPS9700 NT」なら搭載可能だ。
採用!・・・決定!・・・乗っける事にした。(^^;;
5V駆動(約700rpm)で固定とした。
※「Ultra-120 eXtreme」は少し高さが大きいためサイドパネルに干渉した。残念。

リテールクーラーから「S1284」に換装したところ、
各Coreの温度は2個のCoreともアイドルで43℃→36℃に、
“CPU温度”は43~44℃→37~38℃に。
CPUの高負荷時には“CPU温度”、Coreの温度とも約-15~-20℃。

私のテスト用の別の個体のCPU(E8500 E0)になるが、4.4GHzでの動作を確認。
この「S1284」を使用し、オーバークロック時のCore温度は約67~69℃。
E0の方がオーバークロックで使うには良いかなぁ?と思う。

■[XPIII-BK]搭載
ケースファンの“音”については、標準搭載のファンが4ピンベリフェラルということで、ファンコン[XPIII-BK]で制御することにした。
ここで片側ロック式のケースの場合、奥行きの無いファンコンの固定が甘くなる事が良くあるがこのケースも固定度が甘い。
ただこのケースの場合、5.25インチベイの反対サイドは右の画像のような形状だ。
これなら簡単!!

ファンコン固定ブラケットを作った。
って、四角いアルミ板(18mm×30mmぐらい)に穴を開けただけなんだけど。
これを絶縁テープで巻いて、ブラケットをベイの外側から取付ければOK!
※ケースの付属品の黒いミリネジが何本か余るので、その黒いネジを使えばOKだ。

ファンコンのツマミとファンの関係は、
[左] --- フロント12cmファン 
[右] --- 背面12cmファンとマザーボードトレイ部7cmファン
    (同時制御)

効果は抜群!静かになったー!(^^)V

見た目はこんな感じ。
どうだろう?

静音性、CPUクーラーとPCとして狙い通りにまとまったかなぁ?と個人的には思ってる。
どうだろう??

スッキリデザインの「M5」 完成!


この「M5」、ケース単体でみてみると、
“水冷志向”の設計なのかなぁ? と思ったりするのだが・・・。
#空冷、水冷、どちらにしてもちょっと天板部のファンは中途半端だったかなぁー? 
#と思ったりもするのだが・・・。

ただ、このサイズで「Geforce GTX 2xx」長のグラボも楽々。エアフローも問題ない。
サイドのデザインに特徴があり、フロントフェイスもよくまとまっていて全体としてスッキリしている。
HDDとPCI部の固定具も“一手間”かければ問題ない。
この“一手間”をいとわない方には、面白いし良いケースだと思う。
#あぁ、われながらちょっと微妙な言い方・・・。(苦笑)
#正直、惜しいなぁーと思う。良いケースなだけに・・・。ねぇ~!


**********

覚え書。
■その1.ブルーレイドライブ
MSIのマザーボードでSATA制御にICH10系+JMicronR 363 チップを搭載している機種では、
JMicronR 363側にブルーレイドライブを接続すると一部ベンチマークソフト「3DMark Vantage」や「3DMark06」の起動時に不具合が発生。
→この場合、ICH10側に接続すべし。

■その2.「NVIDIA Forceware Driver」 と I・O DATA の 地デジ対応TVチューナー
一部機種の最新の「NVIDIA Forceware Driver」やベータ版ドライバーをインストールするとI・O DATA の 地デジ対応TVチューナー「GV-MVP/HS」・「GV-MVP/HX」の視聴ソフトの画面がカクカク状態になる。
→GF 9600GTの場合、当面、「NVIDIA Forceware Driver ver.175.19」で使用。

■その3.「MSI Live Update 3」
 「MSI Live Update 3」のver. 3.94以降インストールすると
 「MSI Live Monitor」というソフトがタスクトレイ(通知領域)に常駐する。
 このソフトを起動するとVistaの場合『ユーザーアカウント管理』が
 “無効”に切り替えられてしまう。
 また初期設定ではこの「MSI Live Monitor」がPC起動時に自動実行する設定になっている。
 →タスクトレイの「MSI Live Monitor」を右クリック!
  「詳細」タブで各設定を変更。

 ※この「MSI Live Update 3」だが、MSI製品のドライバー、ユーティリティーソフト、
  BIOSなどの最新バージョンを検索し、インストールしてくれるプログラムなのだが、
  新しい製品の対応が遅れているようだ。宜しくないと思うぞ!
  ver. 3.95(2008/09/16現在最新)も上記と同じ仕様。

■その4.「P45 Platinum」のClick BIOS(UEFI BIOS)リリース(2008.09.15)
参照:http://global.msi.com.tw/html/popup/MB/uefi/about.html
・PC起動時「F11」キーを押し、起動デバイスを選択。
・フラッシュ書き換えプログラム(msiflash.exe)、オプションは[/P]。
例)BIOS名「E7512IMS.107」の場合、
『msiflash e7512ims.107 /p』

**********


気がつけば、9月も半ば。
帰宅して窓を開ければ、虫の音が煩いぐらいだ。(微笑)

ついこの間まで煩かった蝉の声。

いつしか、虫たちも、
木の上から地上に、昼から夜に、声から音に、移ろっている。
#「アオマツムシ」っていう、木の上で鳴いている虫もいてるけど。

確かな季節の移ろいに、ほっ!としたりする。

そんな中、私は相変わらずだ。(苦笑)
8月・9月と公私ともども忙しかった。
お盆は何だかんだ忙しく、
#ってテニス三昧だったような気もするけど。(^^;;
その後は法事や・・・、仕事は納期に追われ・・・、
そんな中、夜な夜な、お盆に親戚に頼まれていた地デジチューナーの増設や
ボーナスで買ったパーツで、自宅のPCのアップグレードやパーツの動作確認。

まぁ、充実しているって言えば充実しているんだけれど、
寝不足気味の日々が続いていた。

先週、一年間関わってきた仕事が一段落ついた事で、疲れがどっと出たのか、
この連休はまるまる2日ダウン。
やっぱり、ちょっと全てに無理してたかなぁー? 
#まぁ、よく言うところの、夏バテ なんだと思うけど。

珍しく食欲もなく(私にとってはこれはかなり重症だ!)、ただゴロゴロ、ゴロゴロ。


へへ、ゴロゴロの効果抜群!
昨日あたりから、食欲モリモリ!
完全復活かなぁ?(笑)

体調が戻ってくると、時間の都合で出来なかった、
仕事関連、PC関連の「調べたいこと」、「試したいこと」がいっぱい出てきた。

あぁー、時間が足りない!
って、懲りずに繰り返していくんだろうなぁ。(笑)

この秋は、私も地に足を着けて、一歩一歩!
#なんだか去年も同じような事を言っていたような覚えが・・・。(苦笑)

**********

ところで、以前私が利用していた「kansai.com ブログ」(http://blog.kansai.com/coo2coo2)ですが、
9月末日で記事が全て削除されるとのこと。

先日、この「kansai.com ブログ」のアクセスログを見てビックリ。
本当に自分のための「覚え書」程度に始めたブログでしたので、
思ってもみなかった14万ものアクセスの数字に驚いています。
ありがとうございました。<(_ _)>

今後は、この新しい「eoblog」(http://coo2coo2.blog.eonet.jp/)で
書いていきたいと思っていますので、また覗きに来ていただければうれしく思います。

今後ともよろしくおねがいします。

また同じ記事をFC2ブログ(http://tanypc.blog64.fc2.com/)でも書いておりますので
このブログにアクセスできない場合は覗いてくださいませ。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/347793/16285354

このケースで組んでみた。(Thermaltake M5 VJ2000BWS)を参照しているブログ:

コメント

CooCooさん、こんにちは二回目のコメントです。

このまえですね、コネコクラブでぽろりとCooCooさんの事ぽろりと書いてしまい
すみませんでした、コネコクラブからやはり投稿の話きましたね、…
自分はPC歴やっと一年たちましたがまだマナーやルールがいたらないもので、
なにかありましたら教えて…!

さてひさしぶりの組み立て読ませてもらいました、ざっとみました。
やはりCooCooさんの自作みると自分も組みたくなります、
また色々忙しそうですね、体調きおつけてください、
自分は派遣で仕事していて交代勤務非常につかれます、
とにかく充電して体調きおつけてください。

あとですね~組み立てたあとのPCのスペックをはかるソフトの使い方など細かい
とこなど書いてくれると勉強になります。

おまけのコメント
自分も最近グラボ(クロシコRH3870)装着しBIOS最新にし、マザボのドライバー
入れなおしました…
BIOS等は初めての経験でした。
まだまだ色々やりたいです、とりあえず24インチの液晶ほしいですね。

CooCooさんのブログ楽しみにまってます。

夜勤あけのSX4でした。

SX4さん、おはようございます。

コメントをいただいていたのに申し訳ありません。
ブログのシステムが変わって、メールでのコメント通知の件名も変わり・・・、
正直に言います。
システム変更後のコメント通知メール、完全に見落としておりました。<(_ _)>

今日、エントリー時に気が付き・・・、申し訳ありませんでした。<(_ _)>

SX4さんこそ、お体気を付けてくださいね。
健康が何よりですから。

これに懲りずにまた覗いてくださいね。

同じケースを使用しています。
かなり参考になりました。
ありがとうございます♪

コメントを投稿