フォトアルバム

お気に入りブログ

Powered by Six Apart

« このケースで組んでみた。CoolerMaster-CM STORM SCOUT | メイン | MSI AfterBurner VGAのオーバークロックツール »

2009年8月 8日 (土)

このケースで組んでみた。Thermaltake ElementG

今回組んだのは、
Thermaltake の ElementG

Thermaltakeが6月下旬頃に既に発売されていたElementS に加えElementG 、ElementTを発売する予定だという情報を見かけたので気にはしていたのだが・・・。その時に掲載されていたElementGの画像はこんな感じだった(このリンク先ページに画像があります)
で、7月に正式に発売されたElementG 、予想以上にスタイリッシュにまとめられていたと思う。
機能的にもファンのLEDの色が切換可能・ファンコントローラ・LEDファン・SSDベイ搭載・・・。
実際、組んでみると静音性・冷却性ともバッチリ!
このケース、ケースとしての“完成度”は高いと思うよ。
「ElementT」の情報はこちらを

Thermaltake社のElementシリーズの第2弾になるのかなぁ?
ElementSにあった扉がなくなり、扉部にあった印象的な赤いラインは両サイドパネルに施されれている。
筐体やギミックな機能の多くを引継ぎながらも、フロントがメッシュ仕様になり20cmファンが採用されたり、ファンのLEDカラー切換え機能やファンコンなど楽しいギミックも追加されている。

■■■■■動画追加 (2009/08/10) ■■■■■

動画が再生されない場合はこちらのページでご覧ください。
※BGM有りです。出来れば音量を絞ってでもBGMと共に視聴くださいませ。

■■■■■■■■■■■■■■■

このElementG、拡張性、冷却性、静音性、機能性など考えるとPCケースの“完成度”はかなり高いと思う。
各パーツを組込み、・・・、はい、完成!
ってな感じのPCケースだ。
で、あらゆるニーズにも対応でき、楽しく、不満のないケースだと思う。
#変な言い方になるけど、・・・
#不満の無さに、物足りなさを感じてしまうぐらいだ。(笑)



このケースの特徴は、・・・
■機能的には、 ・・・
【ファン】
フロント20cm・リア14cm・天板部20cm・サイド23cm ファンを標準搭載。リア14cmファン以外は20mm厚のファンになっており、またフロント20cm・天板部20cmファンは新設計されたエンジェルブレードファンが採用されている。
※「さくらファン」のように羽の先端が割れていて、20mm厚のファンとしては確かに静かだ。

【ファンコン・ファンLEDカラー切替え機能】
フロントパネル上方にあるファンコンのツマミで上記4個のファンの回転数を制御可能。またこのツマミを押すとフロント・天板部・サイドのファンのLEDの色を切替えられる。

LEDの色の切替えパターンは
Blue、Green、Red、Mixフラッシュ、Mixシングル、OFFの6パターン 。
フロント・天板部・サイドのファンが同時に切り替る。
※フロント部の20cmファンは付属のブラケットで12cmファン×2に変換可能。
 12cmファン×2は付属していなので、別途用意する必要がある。
※リアPCI部に別途6cm×2の追加も可能。

【サイドパネル】
サイドパネル部のサイド23cm ファンへの配線はちょっと変わっておりサイドパネルのフロント側に端子を取り付けてあり、サイドパネルを閉めると筐体側にある端子と接続される様になっている。精度的にも問題はなく、端子自身の微調整も可能なので接触不良時なども対応しやすいと思う。

<br clear="all">ただ、サイドパネルの開閉時、また取外した時にはちょっと注意が必要だ。
またこのサイドパネルのファン端子は「ホットスワップ機構つき」との事だが、PC起動時サイドパネルを取付ける(ファン端子を接続する)とタイミングによってはファンLEDの切替えパターンが他の2箇所(フロント・天板部)とずれる事がある。できればPCをシャットダウンした状態でサイドパネルの開閉をした方がよいかなぁ?と思う。
※パターンがずれた場合はほとんどの場合PCを1度シャットダウンし、起動をしなおせばOK!ダメな時は、電源ユニットをOFFにした状態からのコールドスタートでOK!だと思う。

また両サイドパネルとも背面側を除いて筐体と接触する部分に防振、防音のためのパッドが施されている。
#これ結構効果があるかもと思う。

【HDD用3.5インチドライブケージ】
3.5インチドライブケージ自体をサイド方向、フロント方向の設置が選択可能。
ただ、フロント20cmファンを取付けた状態だとファンの配線の関係でフロント方向の設置では少しケージの脱着がしにくい。
サイド方向の設置でOK!だと思う。
このケージは3.5インチドライブ7台取付け可能。
またSSD(2.5インチドライブ)は3.5インチドライブケージの背面側にある電源ユニットを覆うようにあるトレイ部の上下(裏表)に1個ずつ取付けられる。

【電源は下置き】
電源ユニットはボトムデザイン。ケース底部には大きな吸気口が設けられている。
勿論防塵フィルターも付いている。
最近のケースに良くみられる電源ユニットの設置方法だが、電源ユニットの吸気口が底部側にあり、ケース底部に防塵フィルター付きの吸気口がある場合は、PCケース底部にある足の部分蒲鉾板(いまどき蒲鉾板はないか(^^;;)でも挟み、床部とPC底部とのスペースを大きめに取ると良いと思う。吸気の効率を上げるためと、どうしてもPC底部付近には塵がたまりやすいので、吸気口周りのお掃除をやり易くするためなんだけど・・・。
電源ユニットはボトムデザインのケースの場合、底部の吸気口周りの定期的なお掃除は必須だ。


(以下、簡単な仕様)
・スチール筐体 (重量 7.92kg)
・奥行き520 x 幅230 x 高480 各mm
  (5インチベイ 3本)
  (3.5インチ 内蔵 7本 )
  (2.5インチ 内蔵 2本 )
・各ドライブともネジ止め式
 
・ケースファン
[フロント]
 200 x 200 x 20 mm
 エンジェル ブレードファン
 600~800rpm
[リア]
 140 x 140 x 25 mm ターボファン
 1000rpm

[トップ]
 200 x 200 x 20 mm
 エンジェル ブレードファン
 600~800rpm
[サイド]
 230 x 230 x 20 mm LED ファン
 600~800rpm

・280mm長のグラボの搭載可能。
・フロントコネクタは
  USB2.0×4個、
  オーディオin/outポート各1個、
  (HD Audio・AC'97両対応)
 ・水冷対応ホール 1/2”、3/8”、1/4” チューブ対応

■デザイン的には・・・
電源を入れる前、何と言っても目を引くのは両サイドパネル部の淵に施された赤いラインだ。
黒いボディーに赤いラインが鮮やかに浮かび上がる。
PC向かって左側のサイドパネルには台形を横倒しにしたメッシュの窓、そして23cmファンが取付けられている。


<br clear="all">厚めのフレームに囲まれたメタルメッシュ仕様のフロントフェイスは230mm幅といういうサイズ以上にズッシリとした印象がある。このフロントパネルの上部にスイッチ、フロントコネクタ、大き目のファンコンのツマミが並ぶ。

このスイッチ、フロントポート部のフレームのデザイン処理はThermaltakeっぽい感じだ。
そして、青く光るPowerスイッチとオレンジ色のHDDアクセスランプが程よくアクセントとなっている。
またファンコンのツマミは各ファンのLEDのカラー切替えスイッチも兼ねており、ツマミ部分を押す毎にカラーパターンの切替えができる。
天板部には、スイッチ、フロントポート部裏のモジュールや配線を隠すようにフロント側がやや高く、リア側が低いフレームが取付けられている。


このケース、各ファンのLEDを消灯した時はシックで重厚感があり、サイドパネル部の赤いラインが程よく自己主張。
LEDを点灯すると印象は一変、有無を言わさぬピッカピッカ!派手派手!
ただそのどちらのシチュエーションでも纏まった感じを与えるデザインだと思う。

■ということで、組んでみた。
■使用したパーツは、 ・・・
このケースでも、マザーボード、グラボなど幾つかのパーツを取っ替え引っ替え試したので・・・
基本的なパーツ構成ということで。<(_ _)>
*********
[PCケース]:Thermaltake ElementG
[マザーボード]:MSI X58 Pro-E
[CPU]:Intel Core i7-920

<br clear="all">[CPUクーラー]:リテール
         PROLIMA TECH Megahalems など
[グラフィックスボード]:MSI N250GTS-2D1G
             ZOTAC GeForce GTX 275 896MB DDR3 PCIE
[電源]:Scythe GOURIKI2-P-600A
[カードリーダ]:Owltech FA506
[ODD]:日立LG GH22NS40

[HDD]:Western Digital  WD3200AAKS
[SDD]:PhotoFast PF25S128GSSDV2
[メモリ]:G.SKILL DDR3 PC 10666 CL7 (1333MHz 1GBx3)
      [F3-10666CL7T-3GBPK]
[OS]:Windows 7 RC 32bit
*********

■各部の取外し方
フロントパネルは下部に切込み部にレバーがあるので、このレバーをPCフロント方向に引く。このレバーを引くとパネル裏のフックのツメが自動的に広がるので、 そのままパネルごと引っ張って外す。
この時、パネル上部がスイッチ・フロントポート部に引っかかり気味なので下部のツメが外れた事を確認し、パネルを少し下方向に引っ張る。


両サイドパネルの取外し方は、PC背面方向に少し引き、取外す。
向かって左側のサイドパネルにはファン用の端子があるので開閉時にはちょっと注意!

天板部のパネルは、ケース内天井部の両サイドに並ぶフックと5インチベイの上方にあるフックを外して取外す。
コツ?って言うか、リア方向から外すと案外簡単に外せるぞー。

ただスイッチ部への配線があるので注意!

5インチベイのカバーは、フロント側の左側の凹んだハンドル部分を手前に引っ張って取外す。

ケース内の3.5インチドライブケージ、2.5インチドライブトレーともそれぞれ2個ずつの手回しネジを外して取外す。

3.5インチドライブケージこれで準備はOK!

■組込み作業
マザーボードにCPU、CPUクーラー、メモリを予め取付け、・・・
マザーボードをケースに取付けて・・・OK!

次に各ドライブの取付けですが、各ドライブともネジ止め式。各ドライブ用の黒いネジが付属されている。
HDDについては特殊形状の専用のネジが付属されている。

今回はカードリーダーOwltech FA506 を搭載するために3.5-5インチ変換マウンタ「PA-008BK」

2.5インチSSDは専用のトレイに取り付ける。
3.5インチドライブケージ、2.5インチドライブトレーも脱着可能で、ケース内の作業スペースも充分だ。

電源は底面背面部に取付。電源の向きは底側に吸気口が来るように設置。

次に各ケーブルの配線だが、フロントポートからの各ケーブルの長さも問題はない。
また、裏配線だがマザーボードベースとフロントのドライブケージとの間に配線用の穴があり上手く配線用のスペースが確保されている。
ただ、電源ユニットのケーブルを這わすだけのスペースはない。

グラボ、電源を取り付け、各ケーブルの配線も問題なく配線完了!

これと言って問題点もないと思うけど・・・、

サードパーティー製のCPUクーラーの干渉問題ぐらいかなぁ?

■CPUクーラーの干渉について
このケースも天板部の20cmファンとマザーボードとのスペースがほとんどない。
先に組んだCM STORM のSCOUTよりは、数ミリ(2~3ミリ)程度広い程度だ。
MSI X58 Pro-Eとの組み合わせでは・・・
SCOUT で微妙だったZalmanのCNPS10X ExtremeはOKだった。

TRUE SPIRIT は、ファンの取付けクリップが干渉。
他のCPUクーラーについては「このケースで組んでみた。CoolerMaster-CM STORM SCOUT」の記事中と同じ結果だった。

と言うことで、
今回はPROLIMA TECH MegahalemsGELID Silent12 PWM を搭載する事にした。
Megahalemsのサイズは130×74×158.7mm。
で、こんな感じだ。

このMegahalemsも冷えるね。

◆CPU OC(3.8Ghz)時の負荷テスト
CPUをオーバークロックしての負荷テスト
[CPU』 Core i7 920 (3800MHz)
※HT :Enable
[CPUクーラー] PROLIMA TECH Megahalems
[グリス] Thermal Elixer
[負荷ソフト]:Tripcode Explorer(トリエラ)1.2.6
[室温] 約30.5℃


[ Core温度]--最高72℃
※今回初めて使ったCPUになります。
 いつもより電圧上げてるのに・・・。
 でも他のCPUでもMegahalemsは
 平均して冷えている。


サイドにある23cmファンとのスペースだが、Megahalemsで高さが158.7mm。
ケース幅が230mmであることと、サイドのファンの厚みが20mmであることで、約10mm強は余裕があると思う。
上手くそのスペースを撮れなかったんだが・・・。


組込み作業は完了!


■スイッチON
初回起動時は、お決まりのBIOS設定。
BIOS設定でCPUクーラーのファンコン機能を有効にした。
  [CPU Smart FAN Target] --- 45℃
  [CPU Min. FAN Speed] ----- 50%
に設定した。

この状態で、しばらく放置、BIOSのCPUの温度を確認。30度前後。(室温約30℃/約800rpm)
このままWindows 7 RC(32bit)をインストール。
※Windows 7 RCのインストールパーティション(Cドライブ)は80GB。残りをDドライブに設定。

OSのインストール・各ドライバのインストールも問題なし。
メモリ、HDDのエラーチェック・グラボの動作も問題なしだ。

Windows 7 RC(32bit)のインストール完了!


こんな感じになった。

あっさりの青。

・・・・・

まだ、それほど派手派手って感じじゃないなぁ。


他の発光パターンだとこんな感じ。

うーん、上手く撮れないなぁー。

まぁ、こんな感じだ。
まぁ、楽しくはあるなぁー。

って事で、私は今はグリーンで落ち着いている。(笑)

って、私の場合、PCで作業をやり出したら、何色であろうが、光ってようが関係なくなるのだが。(笑)
ただ、“音”だけは気になるんだよ。

■静音性
このケースの場合、静音性はバッチリだ。
ファンコンを全開にしても静かだと思う。
逆に絞っても、あまり“音”に変化はない。
ん??これってどうよ!良い事なのかなぁ??
って、ケースファンの回転数がリア1000rpmで、他が600~800rpmだもんね。

まぁ、冷却性能も問題がないので良しとするか!

ところで、ElementG の「G」は、
『Gradational』・『Glaciated』・『Gigantic』・『Glittering』・『Gamming』のG。
とのこと。
ElementGに関しては、ある程度素直に頷けた。(微笑)


『素直に組んで、使って楽しい 「ElementG」PC 完成!


このケース、静音性、冷却性、拡張性(5インチベイが3本だが)、各部の作りとも大きな不満はない。
使用時には楽しい仕掛け(ギミック)も堪能できるしね。

各ドライブの取付けがスクリューレスでなく、ネジ止め式である事も、組む時、メンテナンス時とも配線など実作業を考えると私はあまり問題はないと思う。
作業性、メンテナンス性を考えた時、このケースのようにHDDケージが取外せて作業スペースが広くなる方がうれしかったりする。


不満ってほどでもないんだけど、小言を
1.PCIブラケットカバー
 このElementGもPCIブラケットのカバーは切り取り式になっている。再利用ができない。

 私の場合、以前何処で買ったメッシュのカバーを付けたけど・・・。
 黒のカバーを最低2枚、付属してくれないかなぁー。と思う。
2.ケース内のブラック塗装
 黒いケース内での、黒いネジ、コネクタなどの取り付け作業・・・、見づらい。
 このケースに限らず、ケース内ブラック塗装のケースって、細かい作業の時にはちょっと・・・。
 “高級感”・・・、この言葉がなんだかなぁ?と作業途中に呟いてしまう。(苦笑)

3.オプションの6cmファン
 背面のPCIソケット部にオプションの6cmファン×2を取付けると、グラボなど取付けたカードの脱着ができない。
 まぁ、オプションであるし、・・・、なんだけど。
 3-Way SLI構成時には、排熱効果は抜群。グラボ自体の冷却効果はあまりないが周辺の排熱効果は結構ある。
 通常は設置する必要はないと思うが。

と小言は幾つかあると思うけど、そんなこんなも含めて・・・

このケース間違いのない、良いケースだと思う。

放っておく手はないと思うよー。


**********
余談ですがその1・・・
前回のエントリーで「余談」として記したMSI X58 Pro-E・MSI X58 ProのGTX 295のSLI(Quad SLI)構成時の不具合ですが、新しい「BIOS ver.8.5」がリリースされました。
お心当たりある方はお試しあれ!
**********

**********
うーんと、ここからは私の我侭になってしまうんだけど
ElementG、充分に良いケースだと思う。
ただ、このケース、まとまり過ぎていて・・・。
って、面白味も先述しようにたっぷりあるんだが・・・
#我ながら歯切れが悪い。(^^;;

強いて言うなら(我侭を言わせていただくと)、“自由度”の問題かなぁー。
このケースを組んでいて、唯一“遊ぶところ”があるとすれば、水冷仕様かなぁ?と。
ただ、ケースから 「Thermaltake社製の水冷システムを使うんだよ」って聞こえてくるんだよ。
・・・・・(微笑)

まぁ、当然と言えば当然なんだけど。(笑)

っで・・・、
この声に乗ってしまおうかなぁ?って考える私がいる。
先月、とうとう長年使っていた自作の水冷システムが壊れた。
#ちゃんとしたケースに積み込める代物でもなかったんだけどね。

歯切れが悪いのは、自分の懐のせいなのかなぁ??(苦笑)
どうしようかなぁ??

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/347793/20901295

このケースで組んでみた。Thermaltake ElementGを参照しているブログ:

コメント

こんにちは。いつもすごい詳しいレポートですね。
カラーファンの切り替えが出来るのが楽しそうです。ただ、おっしゃるように1000rpm以下のファンをファンコンで制御してもあまり意味がないようなw

綺麗な手ですね。
あれ?

お初にお目にかかります。
サーマルテイク大好きなおにゃのこです(笑)
すごく詳しいレビューですね。感心します。
このケース販売当初から気になっていたんですが、
その前にLianLiに浮気をしてしまったがために
好奇心がフェードアウトしてました…

Thermaltakeって派手なんですよねw
でもミドルケースはシンプル(といっても十分派手かもしれんが)な印象が強くて
派手好きな私としてはフルタワーばかりに手を出してたんです。
初めて買ったケースはV7000Dと言うケースでした。
ケースとLEDの色にあわせて、マザー・メモリ・ビデオカード・そのほか拡張カードの基盤色を選び、
挙句ヒートシンクの色まであわせるのが私の自作パターンだったので、
ファンのLEDで主張!っていうのも今度やってみようかなぁって思います。

周りの友達はなかなかこういう話ができる人がいなくて、
いったところでわかってもらえないしで日々悶々としてたもので
お初なのに長文になってしまって申し訳ないです…

CooCooさんのレビューの存在を知って、まだこの記事しか読んでないですが、
他の記事も後で拝見させていただきたいと思います。

もしThermaltakeのSpedoとかも組む予定あったら
何があっても覗きます(笑)

こんにちは
時より拝見させて頂き、自分の組み立てに勉強させて頂いて
おります。

最近更新が無いようですが、余り良いケースが有りませんか?
(他力本願ですみません。)
更新お待ちしています。

すみませんでした。<(_ _)>

コメントをいただいていたにもかかわらず、
全く、気付いていませんでした。

コメントがあれば、メールで通知する設定にしているのですが、
この夏前の自サーバーメンテナンスが長引きそうだったので、
通知先メールアドレスをこのサーバーのアドレスから新規アドレスに変更して、
メンテナンス後に元のアドレスに戻すのを忘れ、新規のアドレス宛のメールも
確認していませんでした。

またブログも書き放しで日ごろ管理らしい事もやっていなかったもので、
このエントリーの作業中にコメントが寄せられている事に気付きました。
全て私のミスです。

全て言い訳・・・、デス。はい!(x_x;)

今後、このような事がないように確認、ブログの管理をしてまいります。
本当にすみませんでした。<(_ _)>

NX2000さん、コメントありがとうございました。
ご挨拶が遅れました。申し訳ありませんでした。<(_ _)>
 
>1000rpm以下のファンをファンコンで制御してもあまり意味がないようなw
 でしょ~! 
 ここのところのThermaltakeさんの20cmクラスのケースファンが
 少々煩かったので・・・、
 その反動って言うか、対策が過ぎて、って言うか。(微笑)
 でもホント、もう少し回転数あっても。と思いますよね。
 ファンコン付いてるんだから!(微笑)
 
 実は、このNX2000様は、PCを自作するにあたっての私の心の師匠です。
 勝手にですがそう思っています。

 「せっかくの商品でございますので、大切にしてくださいませ。
  また、この商品によって、お客様のパソコンライフが
  より充実したものにないますよう、お祈りしております。」

 以前、ケースマニアックさんから送られてくる商品には、
 こんな文面が添えられていました。
 今でも私の神札。
 
 元ケースマニアック店主様。 
 今は神主さん。
 
 これに懲りずに、また寄ってくださいませ。<(_ _)>

団子厨さん、
コメントありがとうございました。
ご挨拶が遅れました。申し訳ありませんでした。<(_ _)>
 
>綺麗な手ですね。
>あれ?
 あれ???って。(笑)
 手は結束用のバンドの切った部分で切り傷だらけ。お恥ずかしい。
 へぇ~、そんなとこ見られてるんだ。
 って、PCケース見てくださいよー!!(微笑)

 う~ん、っと、団子厨さん今年の6月ぐらいに「Second Garage」で
 何か言ってませんでした?(笑)
 ToDoは完了したかなぁ? さてどっちだ??(笑)
 
 って、この団子厨さんは、私がいつもいつもお世話になっているソフト
 トリエラこと「Tripcode Explorer」の作者様です。
 
 いつも勝手な使い方して申し訳ありません。
 で、勝手にリンク・・・。
 これに懲りずに、また覗いてくださいませ。<(_ _)>

RuiRuさん、
コメントありがとうございました。
ご挨拶が遅れました。申し訳ありませんでした。<(_ _)>
 
>初めて買ったケースはV7000D
 V7000Dは私も組みました。
 完成記念写真が・・・、これですよね。(微笑)
  ↓ (新しいウィンドウでは開きません)
http://coo2coo2.blog.eonet.jp/photos/elementg/v7000d_01.jpg
 
 私の場合、エアフローを考えるとどうしてもファンの多いケース
 になっちゃうんですよー。
 で、ファンの動作確認やケース内部の確認時の照明代わりにも
   使える光るファン。
 で、どうせなら、どうせならって感じで。(笑)

 と思っていたら、このElementGって初めからピッカ!ピッカ!
 さすがに、手を加えるところもなかった感じです。
 Spedoも含めて、最近のThermaltakeってこれでもか!って感じの
 光りものケースを定期的にリリースしてますよね。
 
 と思っていたら、出ますねー、「Level 10」。
  ↓ (新しいウィンドウでは開きません)
 http://www.ttlevel10.com/

 う~ん、 9万円弱。
 このケースも、ケースだけですでに一丁あがり!の感じですね。
 で、このお値段を考えると、無茶もしたくないし・・・、
 なんだか、ちょっと私の“感じ”とは違うかなぁ?とか・・・、
 と言うより・・・、
 お値段的に、(単純に)私には手が出なかったりする。(苦笑)
 
 RuiRuさん、この「Level 10」どんな“感じ”です?? 

 これに懲りずに、また覗いてやってくださいませ。<(_ _)>

電脳アマチュアさん。
コメントありがとうございました。
ご挨拶が遅れました。申し訳ありませんでした。<(_ _)>
 
>最近更新が無いようですが、余り良いケースが有りませんか?
 夏以降も幾つかケースを買ってみたのですが、
 なんだか“感じ”じゃなくて・・・。(苦笑)
 
 えーっと、
 Windows 7に合わせて幾つかリリース情報があるようですね。
 幾つか試してみようと思っていますので・・・。
 面白そうなものがあれば、エントリーしますね。
 
 ところで・・・、
 忽然と消えた「Aspire」が「APEVIA」って社名で復活しましたね。
 ちょっと、期待してるんだけど・・・。
 懐かしいケースが並んでいるような気が・・・。
  ↓(新しいウィンドウでは開きません。「Shift」キー+クリック!)
 「APEVIA」http://www.apevia.com/
 
 これに懲りずに、また覗いてやってくださいませ。<(_ _)>

始めまして。

PCケース購入で悩んでましたが、色々他サイトで見てThermaltake ElementGがいい評価なので注目してましたが、ここを見て買う決心がつきました。(すごく分かりやすいてコメント)

ひとつ電源が下にあるのが残念かなと思いましたが、やはり下より上にある電源の方が埃が溜まりにくのでしょうか?

自作したのがペンティアム4の1.8G(かなり前)なので最近自作してないので怖くて今回はショップに頼む予定。
見積もりみたら自作する場合と約2万くらい違う(工賃1万)まあしょうがないかw

色々勉強になりました。ありでした

しかし手が綺麗ですね^^


 こんばんは、アテーサetc さん。
 
>自作したのがペンティアム4の1.8G(かなり前)なので最近自作してない
>ので怖くて今回はショップに頼む予定。

 確かにPen 4 時代からだと、各パーツが一変していますので、
 パーツ選びに苦労するって言うか、・・・。、
 そういう意味で“怖い”って言われるのも解るような気がしますよ。

 特にPen4が発売された直後以前に自作された事のある人ほど
 “怖い”、“自信がない”って・・・。(微笑)
 ある意味“自作”って感覚がまだまだ残っていましたものね。
 各パーツともまだまだ高価でしたし。
 
 現在では各パーツとも進化して随分と“組み”やすくなっています。
 あの頃あった致命的な相性問題もほとんどありませんし。
 是非是非、新しいElementG-PCに手を入れていってくださいませ。
 きっとあの頃の自作経験がものを言う場面がありますから。(^^)V
 

>ひとつ電源が下にあるのが残念かなと思いましたが、・・・

 ElementGなどトップ部に大口径のFANが付いたケースは、
 設計上電源をボトム部に、って事になると思います。

 うーんと、電源の吸気口の位置にもよりますが、最近の電源は
 大口径ファンを搭載している場合が多く、通常(トップ設置)、
 下側に吸気口がある場合が多いです。
 このElementGの場合は、電源の吸気口はPCケース底面側からの吸気
 になり、その部位に防塵フィルターが施されています。
 「埃」が気になられるのでしたら、ケース内ではなく、
 PC本体の底(PC設置位置の床面)の埃を意識された方が
 良いかと思います。PC周りにはどうしても埃が溜まりやすいですから、
 私は、防塵フィルターの目詰まりの方が心配かなぁ?と
 思っています。
 
 それと塵は、ファンの羽根や配線ケーブルなどに溜まりやすく、
 その溜まった埃が下方に落ちる・・・。ですよね?

 私の場合・・・、
 塵がファンの羽根や配線ケーブルなどにある程度溜まった時に
 PCのお掃除をします。
 ファンの羽根や配線ケーブルなどにある程度溜まった時には
 CPUクーラーのファンやフィン部にはそれ以上の埃がきっと
 溜まっています。確実に冷却能力が低下していますよ。
 
 私の場合、PCのお掃除に欠かせないのがこれ!
 程よい風圧で、優しく埃を・・・シュッシュッ。(笑)

 ・ジャンボハリケーン
↓(新しいウィンドウでは開きません。「Shift」キー+クリック!)
 http://www.un-ltd.co.jp/products/camera/cleaning/index.html
 

>しかし手が綺麗ですね^^

 結束バンドの切れ端で、傷だらけです。(^^;;
 って、PCを観てくださいよ!!(微笑)
 って、ウソでもうれしいです。<(_ _)>

CooCooさんこんばんわ 埃の件回答ありがとうございました。

>現在では各パーツとも進化して随分と“組み”やすくなっています。
 あの頃あった致命的な相性問題もほとんどありませんし。
 是非是非、新しいElementG-PCに手を入れていってくださいませ。
 きっとあの頃の自作経験がものを言う場面がありますから。(^^)V

このコメント見てショップに任せるつもりでしたが結構パーツ揃えるのに時間がかかるので腹くくって自作を決意^^
組み立てして電源は入りましたが画面が写らないw 考えること2時間経過中..... (やっぱショップに頼んでおけばと後悔...) そしたら24pin電源は刺したのですが8pin電源コードが入ってなかった(あほやww)

マザーボードはXPSP2以降使えるのになぜかXPSP1がインストール出来てXPSP2が何回インストールしても途中でフリーズ(泣き^^;;)
4時間位格闘中でメモリやVGAや色々位置変えて見たりしたらようやくXPSP2がインストール出来ました(1日掛かりました^^)

pen4時代はマザーやらメモリやらCPUやら何回か相性問題のせいで苦労して買い替えとかしましたが今回あっさり起動(OSインストール問題除く)
あの頃の相性問題はなんだったんだ?~~~みたいな><

今回CooCooさんのコメントみて自作する勇気をもらいました。ありでした^^やっぱ自作はいいですね~~

さすがコメントのようにThermaltake ElementGのケース静オンと冷
却、デザインも気に入ってます。

ほんとこのサイト見て良かったです。ありでした^^

 こんばんは、アテーサetc さん。
 
 自作されたんですね。やったー!(^^)V
 
 ElementGってデザイン自体に何だか愛嬌ありますよねー。(微笑)
 
 ご自分で組まれると、何か不具合が発生した時にも
 対処しやすいですしね。絶対良かったですよ!

 いやー、実は「自作のチャンス」逃す手はないのんちゃうん!
 って、私の声なき声がアテーサetcさんに聞こえちゃったかなぁ?(微笑)
#って、なんだか大事なお時間を使わせちゃったようで、、、(苦笑)<(_ _)>
 
 でも、絶対良かったですよ!うん!

おはようございます

このPCケース温度もあまり上がらず静かでいいですね^^
困った事がありまして質問します。
温度)
CPU  22-27度
VGA  33-40度
HD   22-27度

液晶モニタ(LG製)を買うまではすこぶる快調だったのですがこれを使い始めてから完全フリーズ(キーボード、タスクマネージャー全部反応なしでリセットするしかない状態になる)

①温度見たけどやけに高くはない
②普通PC電源切るとモニタも電源切れるけどLGモニタはPC電源切っても消えない状態(このモニタ失敗しました買ったの><
③メモリの位置とOSクリーンインストールしてもたまに完全フリーズ
④キーボード等のUSBはフロントUSBで使ってます。

CPUがi7 860
VGA ATI HD 5750
マザー ASUS P7P55D
OS XP SP2
メモリ 4G(3,1G認識)
電源 TX850W (CORSAIR)

最近こんな現象7,8年くらいなかったですので何が問題なのか不明
(以前 WINDOWS OS ME使ってかなりフリーズしましたがこれは
調べましたがこのMEはかなりフリーズするらしくダメみたいでした

それ以来XPを使ってからは完全フリーズは経験してませんので何が問題なのか分かりません。

やはり別モニタを使うかフロントUSBをやめてみるとか何か分かりますかね?

このモニタはPCの電源切ってもモニタの電源はついたままで手動でしかモニタの電源が切れない(これに問題があるのかなと?)

こんな経験ありますかね いきなり完全フリーズとか....

んーやはり別モニタでもう一度検証したほうがいいのかな?(モニタ買ったばかりなのに.....とほほw

モニタで不具合って出たときありますか?
何か知恵をお貸しください。よろしくお願いします^^

こんばんは、アテーサetc さん。
 
 私も「LG製のモニター」を3台ほど使っていますが、
 別に問題はないです。

>液晶モニター(LG製)を買うまではすこぶる快調だった
>やはり別モニタを使うかフロントUSB
 このPCが快調だった時のモニターに一度戻されて様子をみられては?
 でないとモニターが原因かどうか・・・。 
 
>普通PC電源切るとモニタも電源切れるけど
 PCの電源を切ったとき、一般的にはモニターの電源は休止状態に
 なると思います。
 LGのモニターでも型式にもよりますがLEDが点滅状態になりませんか?

 既に試されたと思いますが、私なら取りあえず
 ・Memtest86+ でメモリのチェック。
 ・コマンドプロンプトから「chkdsk」でHDDのチェック。
 ・HD Tuneで「Error Scan」などでHDDのチェック。
 ・USB機器の接続コネクタをそれぞれ別のコネクタに挿し試す。

※「HD Tune」(フリーのVer. 2.55でOKかと)
↓(新しいウィンドウでは開きません。「Shift」キー+クリック!)
 http://www.hdtune.com/download.html
 
 それと、OSですが
 先のアテーサetcさんコメントに
>マザーボードはXPSP2以降使えるのになぜかXPSP1がインストール
>出来てXPSP2が何回インストールしても途中でフリーズ(泣き^^;;)
>4時間位格闘中でメモリやVGAや色々位置変えて見たりしたら
>ようやくXPSP2がインストール出来ました(1日掛かりました^^)

 って仰ってられましたよね。
 なんだかちょっと(いやいや、すごーく)気になっていました。
 
 一度、SP2でもSP3でも統合したセットアップCDを作成されて
 インストールされては。と思います。
 ご存知だとは思いますが、
 「SP+メーカー」や「nLite」などのソフトが便利だと思います。
※SP+メーカー
↓(新しいウィンドウでは開きません。「Shift」キー+クリック!)
 http://www.ak-office.jp/software.html
※nLite
↓(新しいウィンドウでは開きません。「Shift」キー+クリック!)
 http://www.nliteos.com/nlite.html

■余談になりますが・・・
 OS上の環境(ソフト)なのか、パーツ環境(ハード)に原因が
 あるのか・・・、もう少し原因の切り分けが必要かと。
 
 セキュリティーソフトや他のソフトが原因だったり・・・、
 各デバイスのドライバが原因っだったり、
 マザーボードのBIOSで問題が解消したり・・・、
 
 私の経験からですが、電源ユニットやグラボ・メモリの可能性も。
 と思います。
  「Corsair」の電源で初期不良の経験もありますし、
  「ASUS」はここ最近、結構不良が・・・。
#たまたま私の元に来る製品だけかもしれませんが。
 
 またMemtest86+が通ったメモリでも同じシステムで何故か
 動作がおかしい物もありますし。
 OS上でサウンドが鳴るタイミング落ちるという奇々怪々な
 CPUの不具合品もありました。
 この時は原因の切り分けに3週間以上。(^^;;
 
 どれもこれも、あーでもない、こーでもない、って作業が
 今になれば結構楽しかったなぁー。と。

迅速で分かりやすい対応ありがとうございます。
XP SP2はSP+メーカーで統合したセットアップCDからインストールしてます。

>「ASUS」はここ最近、結構不良が・・・。
そうなんですか、私はAOPENが気に入ってたのですが(昔は自作PCでは定評があったようですね)
ASUS P7P55Dは2009年で一番売れて評価も良かったので購入。
AOPENのマザー買おうと思ったら作ってないそうですね(あわわ...)

マザーボードのBIOS更新は一度もした事がないのでこれも試して見ます。
私も無知な所もあり一概にモニタのせいとはいいきれないですね。
色々勉強になりました 上記の事を一から試して出直してきます。
初期不良や各ドライブの関連も見直してみます。

最後に正常に動くマシンよりもトラブルあったマシンの方が原因が分かった時の方が今後の自分のためになるのかも知れませんね。
なんとか自分で解決します。アドバイスありがとうございました^^

こんにちは。
まだ見ているでしょうか?
現在 このケースに興味があり、購入しようか迷っているのですが…

マイナーなCPUファンを使用しておりまして、トップファンとの干渉がないか心配しております。。。

「ASUS Axe Square Amazing」というCPUファンを使用しております。サイズが(139 (L) x 138 (W) x 130 (H) mm)あり、CooCooさんのCPUファンのサイズを確認したところ(130×74×158.7mm)とありましたのでトップファンに当たるのではないかと思っています;;;

もし良ければ、トップファンとCPUファンとのクリアランスを知りたいのですが。。。
確認お願いできないでしょうか?
よろしくお願いします。

コメントを投稿