フォトアルバム

お気に入りブログ

Powered by Six Apart

PC-NEWS Feed

2006年2月22日 (水)

PentiumD 805 が発売。ってか。

PentiumD 805 (2.66GHz, FSB533, LGA775, 1MBx2)
PentiumD 805が2月21日に発売されたらしい。価格は20,000円弱。どうなんだろう?
私は結構惹かれてる。現在使用中の既存マザー(GIGABYTEの「GA-8I945P PRO」MSIの「945G Platinum-FIR」)にも勿論対応している。

続きを読む »

2006年2月 8日 (水)

「ASUSTeK」、「Xinruilian」などの“一般的な”読み方ってOK!ですか?

「ASUSTeK」、「Xinruilian」、「Xeon」などの“一般的な”読み方ってOK!ですか?

「ASUSTeK」はアスーステック。
「Xinruilian」はシンルイリアン。
「Xeon」はジーオン。
だそうです。

日経BP社の「デジタルARENA」にこんなコラムがありました。
『知らずに赤っ恥!パーツショップ店員が笑いをこらえた不思議な読み方』
このコラムの中にPC関連の単語の一般的な読みが多数掲載されていますので、是非一度覗いてみてください。

続きを読む »

2006年1月20日 (金)

「吉と出るか?」って・・・。でもTHANX!!

■『パソコンの「Viiv対応」は吉と出るか?』
 (「nikkeibp.jp」の記事より)
**************************
  Viivはインテルが推進する、ホームエンタテインメントパソコン向けのブランド名だ。ノートパソコン用の「Centrino(セントリーノ)」と同様と言えば分かりやすいだろう。パソコンメーカーは、指定された基本仕様を満たせばViivロゴを取得でき、インテルが行う金銭的な支援も含む大規模なプロモーションに参加できる。それもあって対応パソコンは、Viivのプロモーション展開に合わせて1月から登場してくる見込みだ。

 インテルはViivブランドを持つパソコンには「リモコンを使った家電並みの使いやすさ」「迫力のあるHD映像や音楽を楽しめる性能」「携帯プレーヤーを含む最新のオンライン機器やサービスとの連携」という3つの基本性能が必要と考えている。そして、その性能を確実に満たすためにViiv対応パソコンには、自社のデュアルコアCPUやチップセットなどを使うという基本条件を提示した。

 この基本条件のOSは、MCEになっている。なぜ、通常のWindows XPではなくMCEなのか。実は通常のWindows XPに独自の専用ソフトを加えて、マルチメディア機能を充実させているのは日本ぐらいのもの。世界的には、パソコンのマルチメディア化は日本ほど進んでおらず、テレビの視聴や録画といった各種マルチメディア機能をOSが標準で持つMCEは採用の価値がある。また、Viiv対応パソコンのみで楽しめるコンテンツ配信サービスを、MCEのAPIを使って提供していることもある。

  現状では、国内メーカーにとってMCEに専用ソフトを入れるというのが、Viivパソコンでの最適な解なのだろう。しかし、テレビの録画など似たような機能がMCEと専用ソフトの両方でできると、ユーザーの混乱を招く事態になりかねない。現にViiv対応パソコンと見られる(12月時点では正式対応を表明していない)NECの製品では、テレビの録画やコンテンツの管理には、MCEではなく自社製の「MediaGarage」という専用ソフトを推奨している。ユーザーの混乱を防ぐために、MCEのテレビ録画機能を使えないようにする配慮も施している。

 いよいよ登場するViivパソコンだが、その敷居の高さやメーカーの対応などを見ると、現状では普及に向けての道のりは困難だといわざるえない。
******************************

で、『パソコンの「Viiv対応」は吉と出るか?』ってタイトル。
記事を書くのは、色々と難しいんだろうなぁー。と思った記事でした。(^^;

続きを読む »

2006年1月17日 (火)

Windows XP Homeの販売・サポート期間延長

『Windows XP Homeの販売・サポート期間がようやく延長 』
IT PRO 2006年01月14日 の記事より)

---------<抜粋>-----------
『マイクロソフトの当初の予定では,Windows XP Home Editionの販売は2005年一杯で,メインストリーム・サポート・フェーズは2006年一杯で終了するはずだった。メインストリーム・サポート・フェーズとは,セキュリティ修正以外のバグ修正も,マイクロソフトが無償で提供する期間のことである。Windows XP Professionalの販売期間もWindows Vistaの発売まで延長された。Windows XP Professionalのメインストリーム・サポート・フェーズは,従来からWindows Vistaの発売後2年間とされていた。

 ただし,これでWindows XP Home Editionが安心して購入できると決まったわけではない。マイクロソフトはいまだに,Windows XP Home Editionのメインストリーム・サポート・フェーズ終了後に,新規セキュリティ修正パッチを提供するかどうかを明らかにしていない。Windows XP Home Editionは家庭向け製品であるため,Windows XP Professionalのような「延長サポート・フェーズ(セキュリティに関するバグ修正のみ無償で提供する期間,5年間)」が設けられていない。メインストリーム・サポート・フェーズ終了後は「オンライン・セルフ・ヘルプ・サポート」という期間に入るが,この期間に新規のセキュリティ修正パッチが提供されるかどうかはポリシーが不明である。

 もしWindows Vistaが2006年内に発売される場合,Windows XP Home Editionのサポート終了は2008年末に設定されることであろう。これは,現在購入したWindows XP Home Editionの「安全に使える寿命」が3年未満であることを意味する。マイクロソフトは,Windows XP Home Editionのメインストリーム・サポート・フェーズ終了後におけるセキュリティ修正ポリシーについて,速やかに明らかにするべきであろう。』
---------------------------

続きを読む »